発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

キーワード:クラウドを含む記事

映画『スティーブ・ジョブズ』を見て、ビジョンをえがき、全体をデザインし、自分らしいライフスタイルを生みだすことが大切だとおもいました。


2016年2月12日、映画『スティーブ・ジョブズ』(注1)が公開されたので見にいきました。スティーブは、米国アップル社の共同設立者のひとりであり、現代の高度情報化社会をきりひらくうえでもっとも重要な役割をはたした人物のひとりです。没後5年、非常に多くがかたられて歴史的な人物になりつつあります。

今回の映画は、「人間スティーブ」の内面にユニークな手法でスポットライトをあてたヒューマンドラマになっていて、ドキュメンタリーではなくひとつの「作品」としてたのしむことができました。




映画のなかでは、スティーブのつぎの言葉が印象にのこりました。


オーケストラの指揮者・小澤征爾の表現力はすばらしい。彼に、指揮者とメトロノーム(注2)とのちがいは何かと聞いてみたよ。そうしたら征爾は、「わたしはオーケストラを演奏する」とこたえたんだ。


「わたしはオーケストラを演奏する」。どういうことでしょうか。

オーケストラ(管弦楽団)は通常は、数十人から100人程度のさまざまな楽器の演奏者によって構成されています。指揮者は、そのオーケストラ全体を統率して各楽器の音をまとめあげ、たとえば壮大な交響曲をひとつの芸術作品に仕上げる仕事をします。それぞれの楽器の演奏はそれぞれの奏者にまかせて、全体的なことをするのが指揮者であって、たとえば大太鼓のところに行ってみずから大太鼓をたたたりはしません。

スティーブは征爾の言葉をなぜもちだしたのか。それは、自分のやるべきことは「指揮者」の仕事であって、大太鼓をいかにうまくたたくかではないということをつたえたかったからではないでしょうか。




スティーブの仕事はビジョンをえがいて全体をデザインすることです。オーケストラでいえば指揮者のような仕事です。オーケストラにおいて個々の楽器の演奏者がいかに優秀であっても、指揮者が、完結した一本の作品に全体をまとめあげられなければ交響曲にはなりません。オーケストラは個々の楽器の単なる機械的な集合ではないのです。

これとおなじでコンピューターも、個々の部品がいかによくできていても、ビジョンをえがき、全体をデザインし、システムとして完結・完成させる人がいなければうまくいきません。個々の部品をつくっている人々は往々にして、ビジョンがなかったり全体が見えていないものです。




スティーブはひとつの完結した作品、ひとつの芸術作品の製作を目指しました。機械化・自動化ではなくアート化を目指しました。そこにはうつくしさが必要でした。コンピューターを、データ処理の単なる機械とは位置づけていなかったのです。

したがって互換性やオプションの豊富さをもとめた常識的なエンジニアとはちがいました。効率化をもとめるのともちがいました。

今日、機械的にデータを処理すればよいという時代はおわりつつあり、自分らしい情報処理を追求する方向に時代は転換しつつあります。スティーブのやり方からは多くのことがまなべるとおもいます。
 



そしてその先には、あたらしいライフスタイルがあります。スティーブは人間社会の未来をどのように予想したか。スティーブとアップルのたどった道のりを見ながらわたしたちも想像することができます。

人間社会の未来を想像しながら、自分自身のライフスタイルを主体的に生みだすことは重要なことです。自分の人生のビジョンをえがき、自分らしい生き方を見いだしていく。そのためには自分の心に素直になる必要があります。




わたしは1990年代からアップルを首尾一貫してつかいつづけてきました。わたしはアップルがいいとおもってつかってきましたが、日本においては一流とされる組織の日本人コンピューター技術者と教授から、「アップルなんかつかってたらダメだよ。いつつぶれるかわからないんだから」と注意をうけていました。実際、ある組織においてシステムを開発しようとしたときにはウインドウズを無理やりつかわされました。しかしわたし個人とわたしの研究所はアップルをつかいつづけ、これでよかったとおもっています。

アップルをつかってきて効果や成果があがったということもありますが、それよりもおもしろい、たのしめたということがあります。いま映画を見てこれまでをふりかえってみても一番 感じることです。たのしみや よろこびやワクワク感。これがビジョンにつながります。スティーブに感謝です。

日本人の技術者や専門家は、真面目ではあるのですが心がとてもかたくなっているとおもいます。ここに、日本の専門家からは発想がでてこなかった大きな理由があったのだとおもいます。やわらかい心をもつことが大切でしょう。




映画をみればわかるように、スティーブは天才であり同時に変人でした。わたしたち一般の者はスティーブのようにはなかなかなれません。

一般の人は論理的にかんがえて目標を達成しようとしますが、天才は、理屈や論理ではなく直観で先を見ています。見ているというよりも見えてしまうのです。

今回の映画では、このようなスティーブの姿が、スティーブのプレゼンテーションの舞台裏をえがくという異色の手法で表現されていました。これはドラマですから、映画を見る人それぞれにうけとめ方や感じ方があっていいとおもいます。自分自身が何を感じ、何をかんがえるかが大事でしょう。


▼ 注1:映画『スティーブ・ジョブズ』
原題:Steve Jobs
監督:ダニー=ボイル
脚本:アーロン=ソーキン
出演:マイケル=ファスベンダー、ケイト=ウィンスレット、セス=ローゲン、ジェフ=ダニエルズ 他

▼ 公式サイト

▼ 注2
メトロノームとは、音楽のテンポを客観的に示す機械。

▼ 関連記事
発明の流れを言葉でとらえる 〜『スティーブ・ジョブズ名語録』〜
顧客の暮らしを豊かにする -アップルのビジョン-
Mac と iOS 􏰀􏰀端末との連携機能を体験する - アップルストア表参道 -
クラウド時代のビジョンをえがく -「新しいMacBook」が登場 -
モノをみて、背後にあるシステムを想像する -『アップルのデザイン戦略』-

日本の過去の優良企業はイノベーションのジレンマにおちいっている
ソニーからグーグルへ - 情報産業のステージへ転換 - 〜辻野晃一郎著『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』〜




Kindle 電子書籍をつかえば、いつでもどこでも移動しながらでも本を読むことができます。蔵書管理も簡単です。


和田稔著『本好きのためのAmazon Kindle 読書術』《増補改訂版2015》(金風舎)は、Kindle のつかい方に関する技術的な説明をしています。これから Kindle をつかってみようという方、つかい方がよくわからないという方におすすめします。Kindle とは、Amazon.com が開発・販売する電子書籍リーダー端末およびそのサービスの総称です。 
 

目 次
第1部 電子書籍による多読のすすめ 
 第1章 Kindleと電子書籍の基礎知識 
 第2章 KindleはAmazonのクラウドサービスだ! 
 第3章 ソーシャルメディア時代のアウトプット読書術 

第2部 多読で得た情報をKindleで整理する方法 
 第1章「Kindle for PC/Mac」の登場で変わる読書のスタイル 
 第2章 読書環境の使い分けでインプットとアウトプットの質を高める 
 第3章 その他のドキュメントもKindleに送信する 

おわりに 
 〜Kindleは読書の概念を変えようとしている  


現在では、Kindle 電子書籍は PC あるいは Mac でも読めます。スマートフォンやタブレットでももちろん読めます。Kindle 専用端末はかならずしも必要ありません。 Kindle 端末をあわてて買わないほうがよいです。
 
Kindle 電子書籍は、無料サンプルとして目次と最初の部分を見ることができます。書籍を購入する前に無料サンプルを見るとよいです。

また紙の本とはちがってセールをよくやっています。先日も通常400〜500円の雑誌類を99円で販売していました。セールでない場合でも紙の本よりも低価格である場合が多いです。
 
電子書籍であればいつでもどこでも本が読めます。本を保管しておく場所も必要ありません。出張や旅行が多い人にとってはとくに便利です。インターネットにつながりさえすれば世界中どこからでも電子書籍を購入することができます。おもたい紙の本をもちあるく必要はなくなりました。

最近の進歩としては電子書籍もクラウドにくみこまれるようになったことがあります。すべての端末で同期が自動的になされます。ブラウザーで電子書籍を読むこともできます。

情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)の一環として読書にもとりくむことがより現実的になってきました。




本書には、技術的なことがいろいろ書いてありますが、それらのすべてをつかう必要はありません。自分にとって必要なつかい方をピックアップして、電子書籍をまずはたのしんでみるのがよいでしょう。


▼ 引用文献
和田稔著『本好きのためのAmazon Kindle 読書術』《増補改訂版2015》金風舎、2015年9月5日
《増補改訂版2015》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズ




情報処理の一環として記憶法を実践し、情報を想起しながら書き出す(アプトプットする)ようにするとよいです。


記憶法とは具体的には〈記銘→保持→想起〉のことです。

記銘とは、経験したことをおぼえこみ定着させることです。保持とは、記銘された情報が心のなかで残存し維持される過程です。想起とは、保持された情報(経験)をおもいだすこと、おもいうかべることです。

現代の情報化社会においては、これらを、人間がおこなう情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)の一環として実践するのがよいです。つまり、記憶法だけを単独でおこなおうのではなく、情報処理のプロセシングのひとつの技術として記憶法にとりくむのです(下図)。

160126 記憶法
図 記憶法はプロセシングのひとつの技術




たとえば日記を書くときはどうでしょうか。

日中、わたしたち人間は、見たり聞いたり味わったりというように感覚器官をつかって膨大な情報を意識の内面にインプットしています。

インプットされたそれらの情報のなかで重要なことについては記銘するようにします。記銘された情報は心の中で保持されます。

そして夜になって自室にもどったら、その日の体験(保持された情報)を想起しながら日記を書き出していきます。つまりアウトプットします。想起して書き出すというところがポイントです。具体的には、日中の出来事をイメージとしておもいうかべながら、それらを言語にして表現していきます。




このような記憶法を実践していると、記憶力をつよめるだけでなく情報処理能力が高まってきます。書く力、アウトプット能力が向上します。

そうだとすれば、アウトプットすることを念頭において記憶法を実践することにはとても大きな意義があるということになります。あるいは記憶法とアウトプットを念頭においてインプットをおこなうのです。よくできたインプットと記憶法はよくできたアウトプットをもたらします。

そしてそのためには、そもそも自分は本当は何に興味があるのか、どの分野にチャレンジしたいのかといった課題設定を明確にしておいたほうがよいです。
 

課題設定→〔インプット→プロセシング(記銘→保持→想起)→アウトプット〕


課題が明確に決まっていれば、インプットされた大量な情報のなかで何を記銘すればよいかも明確になります。何を記銘し保持すればよいかという自分なりの情報の評価ができます。課題設定は情報処理の全過程にひびいてきます。課題は重要です。




現代では、インターネットが発達したために、たいていのことは検索すればでてきますし、クラウドのデータにもすぐにアクセスできます。移動中でもモバイルがつかえます。時代は本当に変わりました。したがって何でもかんでもすべてを記憶しておく必要はなくなりました。

それでは記憶法はもはや必要なくなったのでしょうか?

そうではありません。記憶法は、情報化社会においてあらたな意義をもつようになりました。従来のような丸暗記をするのでななく、〈インプット→プロセシング→アウトプット〉システムを意識して生活し、情報処理の体系のなかにくみこんで記憶法にとりくんでいくことが重要です。そして自分らしいアウトプットをつねに出していくのです。





メモや取材記録・写真・ビデオの保存はクラウドに一本化し、クラウドをデータバンクとしてつかうと便利です。

わたしは最近は、メモをとるときにそこらにある紙の余白などに走り書きをして iPhone のカメラで撮影することが多くなりました。そうすると「iCloud フォトライブラリ」に自動的にメモが保存され、すべてのデバイスで同期されて「写真」アプリですぐに閲覧できるようになります。

「iCloud フォトライブラリ」をオンにするにはつぎのようにします。

iOS:「設定」→「写真とカメラ」→「iCloud フォトライブラリ」をオン

Mac OS :「設定」→「iCloud」→「写真」→「オプション」→「iCloud フォトライブラリ」にチェック

手元に紙がないときは、たとえば iOS のアプリ「最速メモ」をつかえば手書きでメモができ、これも自動的に「iCloud フォトライブラリ」に保存されます。

その他、新聞記事やパンフレット、本の重要なページ、レシートにいたるまで何でも撮影すれば自動的に「iCloud フォトライブラリ」に保存され、すべてのデバイスあるいは iCloud のウエブサイトで閲覧できるようになります。

ビデオも記録用としてつかえます。観察地点の周辺をビデオで撮影したり重要事項はその場でふきこんでおくと、これも「iCloud フォトライブラリ」に自動的に保存されます。

「iCloudフォトライブラリ」にメモや記録のすべてが時系列で一本化されて保存されているというのがミソです。日時と場所も自動的に記録されます。取材とその記録・保存のやり方が本当に変わりました。

ただし書店やその他のお店、美術館など写真撮影ができない所もありますので注意してください。その場合は「音声メモ」や「手書き」をつかうようにします。


わたしのおすすめは取材データの保存場所としてあくまでもクラウドをつかうことであり、ローカルなデバイスには保存しないようにするということです。

たとえば iPhone に保存しておくと Mac では閲覧できませんし、iPad もつかっているならなおさらクラウドをつかった方がよいです。メモがどこにいったのかさがす手間もなくなります。

これによってメモ帳をもちあるく必要はなくなり、紙はすてられデスクまわりもスッキリしました。


同様なことは、iOS と Mac OS に標準装備されている「メモ」アプリについてもいえます。保存場所を iCloud のみにするにはつぎのようにします。

iOS :「設定」→「メモ」→「"iPhone (iPad)" アカウント」をオフ
 
iPhone (iPad) 上に保存されているメモがある場合、それを削除しなければスイッチをオフにできないので注意してください。

あたらしい「メモ」アプリは、手書き対応のペンや定規ツールが用意されたイラスト機能のほか、チェックリスト作成機能、写真や地図など添付要素を一覧する機能が追加され、デジタル雑記帳的な存在へと大きな進化をとげています。

* 

わたしは iCloud をつかっていますがほかのクラウドサービスでも同様なことができるともいます。クラウドをつかうと情報が一本化されて保存され、いつでもどこでも移動しながらでも取材状況をチェックすることができて便利です。


▼ アップル iCloud
iCloud

▼ 関連記事
安価になったアップル iCloud ストレージをつかってみる


Sponsored Link




アウトプット能力を高めるためにも想起力をつよめなければなりません。

たとえば文章を書くときに思い出しながら書くことはよくあります。あるいはそういえばこれについてはあの本に書いてあったと思い出して検索して書くこともあります。

情報は、インプットしておぼえておけばよいというのではなく、想起してアウトプットにつなげていかなければ意味がありません。

記憶法を「記名→保持→想起」(注)ととらえた場合(下図)、記名や保持(おぼえること)よりもむしろ想起できなくて苦労する場合が多いのではないでしょうか。

151206 記憶法
図 記憶法とは「記名→保持→想起」
 

たとえるならば自宅や職場などで重要な書類や物品を整理したのだけれどどこにしまったのかわからなくなって、後になって必要なときにさがしだすのにかなりの時間をとられてしまったという経験は誰にでもあることです。

さがしだすということに時間と労力がいかにかかっているか。

これと似ていて、いろいろ勉強をしたのだけれどおもいだせない、想起できないということはよくあります。

情報を記名し保持することだけでなく、必要なときに必要なことをいかに想起するかということにもっと意識をはらって記憶法を実践していくことが大切でしょう。


▼ 注
記憶法についてはクラウドタグの「記憶法」をクリックしてください。


Sponsored Link


机の上で作業をするというのではなく、大きなワーキングスペースをイメージして、そのなかで情報処理をすすめることが大切です。

パソコンが普及する以前はわたしたちは、紙の資料や紙のノートを机の上にひろげて勉強や仕事をしていました。

その後パソコンがつかえるようになってからは、机の上は、パソコンのデスクトップに移行して、デスクトップに書類やワープロのウインドウをひろげて作業をしていました。

そして今日、デスクトップからも解放されて、ワークングスペースをイメージ空間にひろげていくつものウインドウをそのなかに空間配置し、アプリを自在に横断しながら情報処理を並列的にすすめることが可能になりました。Mac OS X El Capitan の Mission Control をつかえばこのようなことが容易にできます。

今までは、机の上(デスクトップ)で勉強や仕事をするというやり方でしたが、これからのあたらしい時代は机の上から解放されて、自分独自のワーキングスペースをつくり、そのなかで情報処理をすすめるという方法に発展します。

クラウドとモバイルを利用すればオフィスにいる必要もありません。デスクの上やオフィスにとらわれるのではなく、大きなワーキングスペースをイメージすることが重要になります。

 
▼ 関連記事
Mac OS X を最新版「El Capitan」にアップグレードする
ワーキングスペースのなかで情報を並列処理する - Mac OS X El Capitan -
机の上から解放される - Mac OS X El Capitan -


Sponsored Link


アップルの iCloud ストレージプラン(ストレージ料金)がいままでよりも安価になり、つかいやすくなりました。お得なのは 50GB と1TB です。たとえば 1TB の料金は、月額 2,400円 から 月額 1,300円 になりました。

07

▼ アップル iCloud


130円で 50GB は魅力的なサービスなので利用を検討してみる価値があるとおもいます。

クラウドサービズは Google などもおこなっていて競争が激化してきました。価格がやすくなればクラウド・ユーザーがふえるのはあきらかです。

あらゆるデバイスとデータを統合していくクラウドはこらからの時代になくてはならないサービスです。今後とも注目していきたいとおもいます。


▼ 関連記事
クラウド時代にそなえる - アップル「写真」アプリ(5)-





iCloud.com にファイルの復元機能が追加されました。あやまって削除してしまったファイル・連絡先・カレンダーとリマインダーを復元することができます。いざというときにはとても役立ちます。

iCloud >> 

  • Mac あるいは PC から iCloud.com にログインします。
  • アプリアイコンから「設定」を選択します。
  • 下欄にある「詳細設定」から「ファイルの復元」「連絡先の復元」「カレンダーとリマインダーの復元」のいずれかをクリックします。
ファイルの復元


1.ファイルの復元
  • 復元できるファイルがリスト型式で表示されます。
  • 復元したいファイルにチェックをいれ、「ファイルの復元」をクリックします。
  • 完全に削除されるまでの日数も表示されます。日数に注意してください。

2.連絡先、カレンダーとリマインダーの復元
  • 日付が表示されますので、リストの右端の「復元」をクリックします。
  • 一括置換となります。
  • 個別には復元できませんので注意してください。

クラウドの時代が本格化してきました。これからのキーワードはクラウドとモバイルです(注)。iCloud にどのような新機能が追加され、どのように発展していくか注目していきたいものです。


▼ 注
クラウドとモバイルにくわえて、マーケティングとセキュリティもキーワードにくわえておくとよいでしょう。つまりキーワードは次のとおりです。ハードウェアにとらわれすぎないことが大切です。
  • クラウド
  • モバイル
  • マーケティング
  • セキュリティ





スポンサーリンク

↑このページのトップヘ