発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 問題解決

地球温暖化が “異常気象” をもたらします。 “異常気象” は普通の気象になりました。水害が毎年おそってくるという前提にたって対策をたてます。
続きを読む

地球温暖化にともない海の温暖化もすすみます。毎年、豪雨がおそってきます。これまでの常識は通用しません。
続きを読む

梅雨前線が停滞しています。積乱雲の群れ(線状降水帯)が豪雨をもたらします。地球温暖化も影響しています。
続きを読む

感染しても症状がでない人々がいます。ウイルスを他者に感染させないための注意・努力がいります。状況を把握できれば解決策が立案できます。
続きを読む

ウイルスのゲノム解析がすすます。 実証的研究をすすめることが治療薬とワクチン実現の近道です。
続きを読む

事実レベルと思考レベルを往復します。仮説法、演繹法、帰納法とすすみます。論理の区切りを自覚します。
続きを読む

〈仮説→事実→一般〉とすすみます。グラフをつくり、方程式をみちびきます。予測ができます。
続きを読む

DSCF0071ab
地質標本館 
(平行法で立体視ができます)
長期間にわたる安定のあとに急激な変動がおこります。変わるべきときがきたら一気に変わります。自然には飛躍があります。
続きを読む

科学的に死を追究します。死がわかると生がわかります。死があるのが生命です。
続きを読む

鬼海カルデラの調査がすすみます。超巨大カルデラの構造と噴火のしくみがわかりました。巨大噴火はこれからもおこります。
続きを読む

ニュージーランド政府が先住民マオリにあやまりました。ワンガヌイ川に法的な人格をみとめました。自然のネットワークにくわえて自然の歴史的みかたも重要です。
続きを読む

ウイルスと感染症を論理的にとらえなおします。治療薬とワクチンの開発・実用化が流行をおわらせます。定量的な予測と対策が必要です。
続きを読む

仮説法・演繹法・帰納法をつかうと予測ができます。あらたな前提としてカオス(渾沌)があきらかになりました。たえず現状を確認し、災害にそなえます。
続きを読む

「ソーシャル・ディスタンス」の確保がさけばれます。最終決着には、治療薬とワクチンの実用化が必要です。長期的視野がいります。
続きを読む

地球上での人間の往来拡大とともに感染も拡大しました。自然環境からの作用と人間の側の要因があいまって歴史的な変化がおこります。未知のウイルス・細菌と人間とはすみわけたほうがよいです。
続きを読む

新型コロナウイルスの起源がコウモリにあることがわかりました。仮説をたてて検証しました。地球上における すみわけが重要です。
続きを読む

ヒマラヤの氷河がとけて氷河湖がふえています。氷河湖の水位が上昇すると氷河湖決壊洪水がおこります。防災のためには予測が必要です。
続きを読む

廃炉のためには、核燃料のとりだし、燃料デブリの回収、トリチウム水の処理が必要です。当初の予定よりも作業がおくれています。安全はかえても、安心はかえません。
続きを読む

基本再生産数 R0 により感染状況の予測ができます。R0 が1よりちいさければ感染者数は減少していきます。人と人との接触をなくし、感染者を隔離すれば、R0 値はちいさくなります。
続きを読む

仮説をたてて検証します。演繹法がつかえます。問題解決のカギは局所の選択にあります。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ