発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 問題解決

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがっています。モデル化により、世界各地の都市国家が理解できます。自然環境保全のモデルとして有効です。
続きを読む

ウイルスは、他生物の細胞に侵入して増殖します。新型コロナウイルスは何らかの野生動物に由来するとかんがえられます。自然環境を開発・破壊してはなりません。すみわけが重要です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

インプットとアウトプットのアンバランスが環境問題をひきおこします。機械文明は、自然環境と人間の双方を「侵食」します。環境調和型の文明への転換が必要です。
続きを読む

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
続きを読む

2020.1.26 更新
< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む

垂直構造がみられます。多様な自然環境のなかでさまざまな民族がすみわけています。〈主体-文化-自然環境〉系が機能しています。
続きを読む

巨大ウイルスが発見されました。遺伝子の水平移動と共進化がおこりました。共生原理の進化論が展開します。
続きを読む

夢をみて、アイデアをえます。常識から開放されます。登場人物はみずからの分身です。
続きを読む

北極圏の氷がとけはじめています。北極経済圏が形成されつつあります。覇権あらそいがはじまります。
続きを読む

現代は大量絶滅の時代です。人間は自然に手をくわえます。基本的に人間は利己的な存在です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地域とは〈主体-文化-自然環境〉系です。ヒンズー文明・重層文化・チベット文明という垂直構造がヒマラヤにはみられます。文明圏の縁辺では重層文化が発達します。
続きを読む

歴史柱状図から重層文化がよみとれます。基層文化に外来文化をかさねて独自文化をつくります。重層文化は、地球時代をいきぬく方法としてつかえます。
続きを読む

大震災時には、防火樹林帯の有無が生死をわけます。植樹活動が必要です。
続きを読む

発達障害には、自閉症スペクトラム障害、注意欠如多動性障害、学習障害があります。発達障害は、情報処理能力のかたよりとしてとらえることもできます。発達障害について正確に理解するるともに、発達障害の人が活躍できる場をみつけることが大事です。
続きを読む

近接目標をたてるとやる気がでます。近接目標の達成体験をくりかえして遠隔目標にいたります。自分にあった目標を設定します。
続きを読む

統計の手法は帰納法です。仮説法・演繹法・帰納法をくみあわせて問題を解決します。
続きを読む

DSCF0158b
風景の科学展 
(平行法で立体視ができます)
風景をみて、対象を選択して、みえないものを想像します。〈大観→局観→達観〉という3段階の方法で認識がふかまります。問題解決にも応用できます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ