発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 情報処理全般

直立二足歩行をはじめたのが人類のはじまりです。目と手の進化にも注目します。情報処理を高度化するように人類は進化しています。
続きを読む

IMG_8381
古地図をとおして、世界(地球)に関する認識が拡大・精密化してきた歴史をみることができます。地図は、各地の情報をたくわえるデータベースとしての機能ももちます。地図をつかえば、空間をつかった情報処理ができます。
続きを読む

アップル iPad Pro がフルモデルチェンジとなりました。USB-C ポートが採用されました。ビジョンをえがくことが大事です。
続きを読む

DSCF8996ab
会場入口
(平行法で立体視ができます)
標本づくりの職人技が博物館をささえています。博物館のバックヤードをしるよい機会です。膨大な標本資料が分類学的研究・分析的研究、そして総合的研究を可能にします。
続きを読む

DSCF8622ba
昆虫の巨大模型
(交差法で立体視ができます)
記載・分類からはじまり、構造と機能の分析的研究をへて、生態学的研究、昆虫の進化論へと昆虫研究は発展してきました。標本観察とフィールドワークをふまえて、さまざまな昆虫たちの相似と相異に着目すれば、類縁関係と系統を類推することができます。
続きを読む

IMG_6428_7_edited-1
チューブの「あ」
(交差法で立体視ができます)
NHK・Eテレの人気番組「デザインあ」が企画展になりました。さまざまなデザインを身体をつかって体験できます。イメージやアイデアがうかび情報処理がすすみます。
続きを読む

読書をしたら、みずから熟慮し、かんがえたことを発信しなければなりません。「インプット→プロセシング→アウトプット」の三拍子が大切です。
続きを読む

「過去→現在→未来」というように一方向に時間がながれると感じるのは幻想かもれません。古典物理学の常識にとらわれる必要はありません。現代物理学に注目すべきです。
続きを読む

これまでに本ブログに掲載した博物館・美術館の見学記(レポート)のリンク集です。
続きを読む

ファイルと情報処理の仕組みを理解すると知的生産活動がすすみます。
続きを読む

部分を見ているだけだと何ともおもいませんが、全体を見ると変です。常識をこえた世界があります。
続きを読む

名作誕生までのドラマには、模倣、消化という前段階がありました。模倣からはじまりますが、手本をのりこえ独創にいたります。伝統に根差した創造があり、創造の伝統がうまれます。
続きを読む

人工知能(AI)の開発がすすんでいます。AI はロボットとむすびついて人間の活動を補助します。人間は、創造的な仕事ができるように努力しなければなりません。
続きを読む

人体のなかでは、さまざまな器官がネットワークをつくってコミュニケーションをしています。
続きを読む

英会話の練習のために DVD がとても役立ちます。それぞれのキーフレーズを、その場面をイメージしながら言うようにします。
続きを読む

クラウドにあわせてパソコンも改良されたため、移動しながらの情報処理が一段とやりやすくなりました。
続きを読む

USB-C で、パソコンとディスプレーをつなぎます。技術革新のタイミングをとらえて機器を買いかえるようにするとよいです。
続きを読む

Mac を売却するまえに、すべてのデータを消去し、OS を再インストールします。
続きを読む

クラウドが急速に普及しています。パソコンの時代がおわり、クラウド・コンピューティングの時代にはいりました。
続きを読む

MacBook Pro のポートがすべてUSB-C(USB Type-C)になりました。将来的には、あらゆるパソコンのポートが USB-C になります。ケーブルの種類のわずらわしさから解放されます。 
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ