発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: アウトプット

英語も、日本語と同様に、相手に配慮し、状況に応じた表現ができます。言葉は思いの表層構造です。言葉のちがいをこえてコミュニケーションができます。
続きを読む

定型表現は「大きな単語」です。すぐにつかえ、役立ちます。コミュニケーションがすすみます。
続きを読む

イメージをつかって直観的に理解します。言葉や理屈だけにたよるのはよい方法ではありません。イメージを言葉にしてアウトプットします。
続きを読む

ひとつのイメージから、さまざまな意味やつかい方がひろがります。単純なイメージは本質をあらわします。英会話を練習しながらイメージ訓練ができます。
続きを読む

語順の原則とテンの原則をまずは習得し、つぎに助詞の原則を習得します。文を構造化するとわかりやすくなります。
続きを読む

DSCF0377ab
テルミン(東京芸術大学 第6ホール)
(平行法で立体視ができます)
電子楽器が発明されてから100年がたちました。芸術分野にも電子機器がひろまります。技術革新の中核には規格化があります。
続きを読む

統計の手法は帰納法です。仮説法・演繹法・帰納法をくみあわせて問題を解決します。
続きを読む

「○○は」とのべて題目をしめします。「は」の本務と兼務を理解します。「○○は」と「○○が」をつかいわけます。
続きを読む

日本語の大黒柱は述部にあります。「題目-述部」という構造が基本です。知的生産がすすみます。
続きを読む

形容詞は名詞を修飾する要素であり、印象をあらわす単語です。イメージ(絵)をみたときの印象を大切にします。印象をつかって効果的に学習をすすめます。
続きを読む

スキットを想像します。キーフレーズを見出しにします。情報をひとまとまりにして記憶(ファイル)します。
続きを読む

イメージで単語をとらえます。動詞の意味とつかわれる文の形は密接につながっています。まとめて類語をおぼえます。
続きを読む

IMG_0988_9
(平行法で立体視ができます)
漢字 4000 年の歴史がわかります。漢字は簡略化されてきました。誰にとってもわかりやすい表記・表現がもとめられます。
続きを読む

段落を要約します。類似性に注目してグループ編成をし、文章化します。本文の内容をふかめます。
続きを読む

似た情報(文)をあつめて段落をつくります。ひとつのグループがひとつの段落になります。断片的情報を体系化できます。
続きを読む

情報処理の一環として記憶法をとらえなおします。記憶法は、〈記銘→保持→想起〉からなります。〈想起→アウトプット〉訓練が重要です。
続きを読む

それぞれの単語にイメージがあります。イメージと文型がシンクロナイズします。配置の原理が言語にはあります。
続きを読む

イメージをうごかします。想像します。類推します。
続きを読む

おおまかな数をまずは理解します。数につよくなると認識がふかまります。未知の分野にもはいっていけます。
続きを読む

語順とテンの原則にしたがて日本語を書けばわかりやすい日本語になります。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ