発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: アウトプット

類似した情報をあつめます。情報のひとまとまりを段落にします。並列的な編集から直列的な表現へすすみます。
続きを読む

何語であっても重要なことを先にのべることができます。メッセージを明確にします。アウトプット能力をきたえます。
続きを読む

英文法入門として最適です。はじめて話題にするときに there 文をつかいます。英語にも法則があります。
続きを読む

テーマ、論点、話の順序だて・転換、まとめ・結論が大事です。ひとまとまりの内容をはなします。ファイルをつくり活用します。
続きを読む

「足」をつかった取材をおこない、仮説をたてます。定量的データで検証します。処理結果を発表します。
続きを読む

発展途上国と先進国という分類はもはや役立ちません。〈仮説(モデル)→ 事実(データ)→ 一般(前提)〉とすすみます。事実で世界を理解します。
続きを読む

文型の意味をまず理解します。文型は「設計図」です。「設計図」にポンポンと英単語をいれていきます。
続きを読む

メッセージを相手につたえるとき、例示と比喩をつかいます。類比法の練習になります。対照表現や比較表現にも発展します。
続きを読む

PCR 検査と抗体検査の相違を理解します。データを蓄積して一般的傾向をつかみます。定量的に予測します。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

しりたい、つたえたいという気持ちが大事です。情報の流れを重視します。すぐに反応します。
続きを読む

イメージで理解します。中核イメージをまず身につけ、用途をひろげます。あらゆる表現のためにイメージが役だちます。
続きを読む

心のなかから情報をアウトプットします。 箇条書きは1次元、放射状メモは2次元、島どりと見だしをいれると3次元になります。 次元がたかいほど情報処理は容易になります。
続きを読む

文法力と単語力をふまえ、会話のながれをつくります。スキットの場面を想像しながら発声練習をします。それぞれ場面を心のなかにファイルします。
続きを読む

仮説をたてて検証します。演繹法がつかえます。問題解決のカギは局所の選択にあります。
続きを読む

作文には、情報の統合作用があります。情報の統合はアウトプットの本質です。書けば書くほど心がととのいます。
続きを読む

日本語の作文は、人間主体の情報処理におけるアウトプットの手段として重要です。アウトプットをすればするほど、おのずと、インプットとプロセシングがすすみます。情報がながれます。
続きを読む

ながい修飾語ほど先に配置します。語順が、原則の逆順になったときにテンをうちます。技術は、練習すれば誰でも習得できます。
続きを読む

英語も、日本語と同様に、相手に配慮し、状況に応じた表現ができます。言葉は思いの表層構造です。言葉のちがいをこえてコミュニケーションができます。
続きを読む

定型表現は「大きな単語」です。すぐにつかえ、役立ちます。コミュニケーションがすすみます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ