発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: プロセシング

2020/02/05 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
続きを読む

イメージをつかって直観的に理解します。言葉や理屈だけにたよるのはよい方法ではありません。イメージを言葉にしてアウトプットします。
続きを読む

2020/1/29 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0271ab
(平行法で立体視ができます)
乾燥気候帯でミイラ文化がとくに発達しました。それぞれの地域に風土があり、文化があります。それぞれに死生観があります。
続きを読む

地球にも太陽にも宇宙にも終わりがあります。重力とダークエネルギーが重要です。天体を意識すると時間が、宇宙全体を意識すると空間が認識できます。
続きを読む

夢をみて、アイデアをえます。常識から開放されます。登場人物はみずからの分身です。
続きを読む

立体視をして眼力をつよめます。目から情報をとりいれ、脳が解釈します。風景や物をみるコツがつかめます。
続きを読む

ひとつのイメージから、さまざまな意味やつかい方がひろがります。単純なイメージは本質をあらわします。英会話を練習しながらイメージ訓練ができます。
続きを読む

大和政権が東北地方を侵略しました。西日本の文化が東北地方にももたらされました。平安時代後期には平泉文化が花ひらきました。
続きを読む

弥生時代になると、稲作農耕民族が大陸から移住してきました。稲作文化は、東海地方までは一気にひろまり、その後、東北地方にも徐々に浸透しました。おおきくなったムラには豪族があらわれました。
続きを読む

DSCF9793ba
(交差法で立体視がでます)
東北の歴史を概観できます。重層文化がみられます。縄文文化は日本の深層文化です。
続きを読む

夢は、人間主体の情報処理に役だっているようです。プロセシングが睡眠中にすすみます。インプットをしたらさっさと寝ます。
続きを読む

形容詞は名詞を修飾する要素であり、印象をあらわす単語です。イメージ(絵)をみたときの印象を大切にします。印象をつかって効果的に学習をすすめます。
続きを読む

心のしくみとは情報処理のしくみです。情報処理の結果としてわたしたちの認識は生じます。情報処理・記憶法・類比法が心の健康のために役立ちます。
続きを読む

進化の過程でヒトは毛をうしないました。衣服をきて、さまざまな自然環境に適応しました。文化そして文明を発展させました。
続きを読む

「主客合一」「絶対矛盾的自己同一」「直観」によって「永遠の世界」にいたります。
続きを読む

スキットを想像します。キーフレーズを見出しにします。情報をひとまとまりにして記憶(ファイル)します。
続きを読む

DSCF9887ba
(交差法で立体視ができます)
恐竜は鳥類に進化していきのこりました。生物と環境の両者に注目します。個体だけをみるのではなく、生命のおおきな流れをとらえます。
続きを読む

人間の脳をまねて人工知能が開発されています。ディープラーニングが社会をかえつつあります。人工知能がいつの日か人間をおいこすとかんがえられています。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ