発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: インプット

< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む

DSCF0041ba
成田国際空港 
(交差法で立体視がでます)
3次元空間を旅します。対象とともに環境もとらえます。物事の背景をよみとります。
続きを読む

DSCF9795ab_edited-1
(平行法で立体視ができます)
東北最大級の水族館です。生物とその環境がわかります。2次元と3次元では情報量がちがいます。
続きを読む

定型表現は「大きな単語」です。すぐにつかえ、役立ちます。コミュニケーションがすすみます。
続きを読む

立体視の訓練をすることにより視力が回復できます。つかれ目にも効果があります。観察力と大観力がきたえられます。
続きを読む

視力低下の対策になります。目がいやされます。視野が拡大します。
続きを読む

多数の空中写真(航空写真)が掲載されています。平行法で地形が立体視できます。インプットされる情報量がふえます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

IMG_1475_6
東京国立博物館・東洋館 11室「クメールの彫刻」
(平行法で立体視ができます)
アンコール期(9-13世紀)のクメール彫刻がみられます。カンボジアでは、1〜7世紀にかけて、クメール人の最初期の王朝がさかえました。7世紀中頃以降には、ヒンドゥー教と仏教が信仰されます。アンコール王朝が9世紀初期にはじまると、クメール文化は最盛期をむかえます。
続きを読む

視覚について説明しています。目は、光をとおして情報をインプットする器官です。1日2時間以上 太陽光のもとで活動して視力低下をふせぎます。
続きを読む

立体視をすると目がよくなります。インプット能力がたかまります。奥ゆきにも心がくばれるようになります。
続きを読む

立体視をして眼力をつよめます。目から情報をとりいれ、脳が解釈します。風景や物をみるコツがつかめます。
続きを読む

大和政権が東北地方を侵略しました。西日本の文化が東北地方にももたらされました。平安時代後期には平泉文化が花ひらきました。
続きを読む

弥生時代になると、稲作農耕民族が大陸から移住してきました。稲作文化は、東海地方までは一気にひろまり、その後、東北地方にも徐々に浸透しました。おおきくなったムラには豪族があらわれました。
続きを読む

DSCF9793ba
(交差法で立体視がでます)
東北の歴史を概観できます。重層文化がみられます。縄文文化は日本の深層文化です。
続きを読む

心のしくみとは情報処理のしくみです。情報処理の結果としてわたしたちの認識は生じます。情報処理・記憶法・類比法が心の健康のために役立ちます。
続きを読む

DSCF0075ba
国立科学博物館附属自然教育園
(交差法で立体視ができます)
国立科学博物館附属自然教育園の「大蛇(おろち)の松」が倒伏しました。森林は遷移します。空間的視点と時間的視点からとらえなおします。
続きを読む

DSCF9959ab
「ユカギルマンモス」(レプリカ)
(平行法で立体視ができます)
永久凍土は、太古の生物と環境を現代につたえる「タイムカプセル」です。マンモスは寒冷地に適応しましたが約4000年前に絶滅しました。絶滅した生物を現代に再生させてはなりません。
続きを読む

DSCF9887ba
(交差法で立体視ができます)
恐竜は鳥類に進化していきのこりました。生物と環境の両者に注目します。個体だけをみるのではなく、生命のおおきな流れをとらえます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ