言葉をきいてイメージします。イメージして発音します。必要なのは決断だけです。
NHK ラジオ英会話、今月は、前置詞のイメージにさらにふかくわけいります。イメージがわかれば、いままで不思議だった前置詞の「なぜ」が氷解し、自分の手足としてつかえるようになります。





Lesson 21 for のイメージ:向かって

This is a special knife for preparing sashimi.

for のあらわすイメージは「~に向かって」です。対象までには距離があり、話し手はそれを注視・フォーカスします。ここから、「目的」のつかいかたが for にうまれます。目的とは向かっていく対象です。




Lesson 22 for のイメージ:「向かって」の連想

I’m looking for the car key.

for の「向かう」は「求める」 ニュアンスにつながります。look は「目をやる」、 for は「求めて」であり、くみあわせて「求めて目をやる=探す」となります。




Lesson 23 for のイメージ:範囲・その他

He’s small for a sumo wrestler.

「範囲限定」 の for です。「力士にしては小さい」と範囲限定をしています。「範囲」は「注視・フォーカス」のバリエーションです。





Lesson 24 to のイメージ:指し示す

I went to my hometown, Hamamatsu, with my wife.

to のイメージは「指し示す」です。動作や行為の到達点を指し示します。my hometown を「ここに行った」と指し示しています。




Lesson 26 to にするか for にするか: 授与を表す形において

The server brought some hot sauce for you.

for は到達点をしめす単語ではありません。for の「向けて」は、対象への「注視・フォーカス」をふくむため「受益」のニュアンスがうまれます。誰かに何かを授与するとき、その人を注視・フォーカスして、「ために:授与」の意味になります。

Helen brought these samples to me.

to がしめすのは「到達点」です。この文は「ジョンやメアリーでなく、私に」と到達点をあらわし、受益の意味は消失します。

「受益」の意味がつよい動詞の場合には for、到達点を単にしめせばよい場合には to をつかいます。




Lesson 27 to のイメージ: to 不定詞と前置詞の to

Remember to lock the door.

前置詞 to と to 不定詞の to、どちらも到達点をさししめします。この矢印(→)のイメージが、「これから」のニュアンスを to 不定詞に頻繁にあたえます。




Lesson 28 of のイメージ: 最も意味の薄い前置詞

Leo is an old friend of mine.

of の意味を「~の」とおぼえているとつかいこなせません。of はもっとも意味のうすい前置詞であり、単に、名詞で説明するときにつかいます。

「Leo is my friend.」の所有格 my には「私のですよ」とつよくだきしめるような感触がともない、「a friend of mine」の冷静な感じとはまるでちがいます。




Lesson 29 of のイメージ: of のさまざまな使い方

This is an issue of great importance.

「〜の」という日本語訳でとらえるのではなく、もっとも意味のうすい前置詞であるとしることが of をつかいこなす第一歩です。




Lesson 31 with のイメージ:つながり(一緒)

Come and have lunch with us.

with は「つながり(一緒)」をイメージとする前置詞です。




Lesson 32 with のイメージ:時間的つながり

Red wine improves with age.

with の「つながり(一緒)」は時間のつながり(同時)にもひろがります。red wine が年の経過とともによくなっていくことをあらわしています。




Lesson 33 through のイメージ:トンネル通過

I passed the exam through lots of hard work.

イメージは「トンネル通過」です。筒状のものをとおりぬけていくイメージです。




Lesson 34 after のイメージ:ついていく

Shibuya comes after Harajuku.

after は、「(後ろから)ついていく」イメージです。このイメージがうみだす典型的なつかい方は「順序」です。原宿のつぎが渋谷だということです。after を「~のあと」とだけおぼえるのは危険です。「(×) See you after 30 minutes.」




Lesson 36 before と in front of:「~の前」をマスターする

Meet me in front of the library at 4 o’clock.

in front of はまとめて前置詞の働きをします。場所的な前をあらわす単語であり、behind(~の後ろ)の逆です。before は、場所の前をあらわすのが苦手です。




Lesson 37 under :「未完成」に注意する

There was a new wing under construction.

under は「~の下」をあらわす前置詞であり、連想によってつかい途をひろげています。under の位置関係がもたらす連想のひとつに「未完成」があります。「完成のレベルに達していない」ということです。




Lesson 38 句動詞:動詞と前置詞のコンビネーション

Put on your new black shirt and your white jeans.

put on は「身につける」という動作をあらわします。前置詞は、「基本動詞+前置詞・副詞」が1つの動詞として機能する「句動詞( phrasal verb)」でしばしば登場します。

It’s under the table.

前置詞は、名詞をともなう「前置詞句」というパッケージをつくり、文の位置によって役割をあたえられます。前置詞句はまとめて、パッケージとしてうごかします。主語の位置におけば主語になります。英語は配置の言葉です。

Under the table is our cat’s favorite sleeping place.








日本語訳で前置詞をまなぶのは得策ではありません。イメージでとらえます。

NHK ラジオ英会話を受講すれば、イメージをつかって前置詞が理解できます。すると記憶も自然にすすみます。「理解→記憶」の順序が大事です。イメージは理解にだけでなく、記憶にも役立ちます。するとはなせるようになります。表現ができるようになります。

そうではなく、わけもわからないまま丸暗記をしようとすると、次の日ぐらいまではおぼえていますが、時間がたつとおもいだせなくなります。

テキストには、前置詞のイメージ(絵)が各所に掲載されていますので、これらが活用できます。

英語をきいたら(耳からインプットしたら)、瞬時に、そのイメージがおもいうかぶように練習するとよいでしょう。たとえば友人から電話がかかってきたら、その友人の声をきいた瞬間に、その人の顔(イメージ)がおもいうかぶとおもいます。この能力を英会話でもつかえばよいのです。

そして今度は、イメージしながら発音練習をします。イメージするのはプロセシング、発音する(話す)のはアウトプットです(図1)。

190923 ラジオ英会話
図1 言葉とイメージのモデル


〈インプット→プロセシング〉においては、言語情報をイメージ情報に変換します。〈プロセシング→アウトプット〉においては、その逆に、イメージ情報を言語情報に変換します。これは、情報の質的変換の練習であり、変換するときには、心のなかの切り替えやちょっとした決断がいります。

こうして言葉とイメージを相互に変換する能力を身につければ言葉とイメージがむすびつきます。言葉とイメージをつなぐのは記憶法の基本でもあり、この能力は、あらゆる分野の学習でいかすことができます。




▼ 関連記事
前置詞をイメージする -「英単語は日本語訳では語れない」(NHK ラジオ英会話, 2019.04)-

「ハートでつかめ! 英語の極意」(NHK ラジオ英会話, 2018)
英語のリズムを身につけよう -「文法力と語順の成熟」(NHK ラジオ英会話 2019年3月)-


▼ テキスト
NHK ラジオ英会話 2019年5月号


▼ CD:放送内容をコンパクトにまとめており、復習のために最適です。

▼ 注:NHK ラジオ英会話はインターネットでもきくことができます。
NHK らじる★らじる
ラジオ英会話ストリーミング


▼ 年間学習予定表
2019-04-16 20.13.13


▼ 関連教材
2018年度の復習をしたい人、2018年度の番組をきけなかった人のために!
大西泰斗先生が講師をつとめる NHK ラジオ英会話の全講義を収載しています。

本書は、NHK ラジオ英会話の2018年度の内容を再構成してまとめたものです。音声は、NHK ラジオ英会話の CD の2018年度のものを再編集してまとめたもので、NHK 出版サイトからダウンロードできます。コンパクトに録音されているので効率的に学習できます。