IMG_5465_6_edited-1
ポーズ土偶(東京国立博物館公式ミニチュア)
(平行法で立体視ができます)
縄文時代およそ1万年の美のうねりをみることができます。自然環境と調和した生活様式がありました。生命の循環と再生をいのる精神文化を感じとることができます。
特別展「縄文―1万年の美の鼓動」が東京国立博物館・平成館で開催されています(注1)。

「おしり、大きすぎない?」
土偶をみた来館者が感想をもらしていました。

そうです。これは写実ではありません。デフォルメされた抽象です。ここに、今回の特別展が「美」をテーマにしている根拠があります。

土偶のなかでは、国宝5体が記憶にのこったのはいうまでもありませんが、わたしには、「ポーズ土偶」(山梨県笛吹市上黒駒出土、縄文時代中期)や「みみずく土偶」(埼玉県さいたま市真福寺貝塚出土、縄文時代後期)も印象にのこりました。

土器では、国宝「火焔型土器」がすぐれているのはもっともですが、今回の展示で一番ふるい土器「微隆起線文土器」(青森県六ヶ所村 表館(1)遺跡出土、縄文時代草創期・前11000〜前7000年)が印象的でした。文様が精細でうつくしく、プロポーションがとてもいい。部分と全体がみごとに調和しています。最初にしてこのレベルの高さ、完成度。おどろきました。

また焼町土器(長野県御代田町 川原田遺跡出土、縄文時代中期)も印象にのこりました。均整のとれた造形、幾何学的な文様、時間をあらわすかのような流線、上へいくほど高まる密度、まるで数学的に計算されたかのような土器です。第3展示室「美の競演」に展示されてユーラシア大陸各地の土器と比較され、その個性と美がいっそうきわだっていました。

このような土偶や土器の数々をみていくと、モダンアートとしても通用するのではないかとおもうものが結構あります。実際、岡本太郎は、縄文時代の土器や土偶に刺激されてみずからの創作をすすめました。太郎の代表作のひとつ「太陽の塔」は現代の「土偶」だったのです。これで、ようやくわかりました。「太陽の塔」のモデルは「筒形土偶」(神奈川県横浜市 稲荷山貝塚出土、縄文時代後期)だったかもしれません。




旧石器時代がおわったおよそ1万3千年前から、およそ1万年間つづいた時代を縄文時代とよびます。この名称は、土器にほどこされた縄目文様に由来しています。

今回の特別展は、この1万年におよぶ「美」のうねりをみるという企画でした。とてもたくさんの土器や土偶が展示されていて一見 複雑ですが、時代を区分して整理するとわかりやすくなります。大局的にみると、素朴から抽象へというながれがあり、縄文時代の前半では、どちらかというと物質文化が発達したのに対し、後半では、どちらかというと精神文化が発達しました。縄文時代の中期は時代のピークであり、「火焔型土器」はそのシンボルであったとかんがえられます。

また展示室にも工夫がみられました。第5展示室の円形空間は生命の循環を連想させます。ここではいったんたちどまって展示空間全体に心をみたすようにするとよいでしょう。またさまざまな角度から土偶をみることによっても縄文人たちの再生のいのりを感じることができます。生活のなかではぐくまれた高度な精神性がよみとれます。

縄文人たちは、自然環境とのやりとりのなかから自然と調和する文化をうみだしました。〈人間-文化-自然環境〉システムという見方ができます。日本列島には森の文明がかつてあり、共生と循環を基本とする世界観がありました。これは、ユーラシア大陸各地で発生した いわゆる古代文明とは基本的にことなるものです。

このような日本の基層である縄文文化に注目することによって、人間が自然と共生するためのヒントがえられるにちがいありません。わたしたち日本人は「足もと」をもっとみなおすべきでしょう。


* 


今回の特別展は残念ながら2018年9月2日をもって終了しますが、もしこれが常設展だったなら、これからも足をはこんで、あらたな発見ができるのにとおもいます。

しかしやはり、土偶や土器たちは「故郷」にかえるべきでしょう。故郷にかえってそれぞれの郷土館なり博物館におさまり、日本全国からあるいは世界各地から訪問者をむかえるべきでしょう。日本各地のこのような博物館をおとずれれば、そしてそのちかくの発掘現場も今度は見学すれば、縄文時代のイメージをもっとふくらませることができるでしょう。フィールドワークがさらなる発見をうみだします。


IMG_5463_4_edited-1
みみずく土偶(東京国立博物館公式ミニチュア)
(平行法で立体視ができます)


▼ 特別展「縄文」記事リンク
いのちがもえる - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(1)-
時代のピークと土器のモデル - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(2)-
国宝土偶と精神文化 - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(3)-
作品とともに展示空間もみる - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(4)-
土器をみくらべる - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(5)-
特別展「縄文―1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(まとめ)

▼ 関連記事
縄文時代を想像する - 東京国立博物館・考古展示(1) -
土器をみて縄文人の生活を想像する - 東京国立博物館・考古展示(2)-
全体像をイメージしてから作業を実施する - 東京国立博物館・考古展示(3)-
引いて見よ、寄って見よ、名を付けよ -『DOGU 縄文図鑑でめぐる旅』(東京国立博物館)-

縄文人の精神性をよみとる - 特別展「火焔型土器のデザインと機能」(國學院大學博物館)(1)-
シンボルだけでなく文化圏もとらえる - 特別展「火焔型土器のデザインと機能」(國學院大學博物館)(2)-
物に執着しない - 特別展「火焔型土器のデザインと機能」(國學院大學博物館)(3)-

〈縄文人-半自然-自然環境〉システム -『ここまでわかった!  縄文人の植物利用』-
縄文の土偶や土器をみる - 譽田亜紀子著『ときめく縄文図鑑』-
さまざまな角度から土偶をみる - 譽田亜紀子『土偶界へようこそ』-
土偶の発掘状況をしる - 譽田亜紀子『土偶のリアル』-
縄文人の生活をしる - 譽田亜紀子『知られざる縄文ライフ』-
森の文明と循環の思想 - 梅原猛『縄文の神秘』-
事実を枚挙して仮説を形成する 〜梅原猛著『縄文の神秘』〜
日本の基層文化である縄文文化に注目する

手をつかいこなして道具をつくる - 特別展「世界遺産 ラスコー展」(5)-
野生の思考を再生する - 100de名著:レヴィ=ストロース『野生の思考』-
野生への扉をひらく -「野生展:飼いならされない感覚と思考」-
スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』(シネマ歌舞伎)
いのちを再生する - 企画展「太陽の塔 1967 - 2018 - 岡本太郎が問いかけたもの -」(岡本太郎記念館)-

▼ 注1
特別展「縄文―1万年の美の鼓動」
特設サイト
会期:2018年7月3日 ~9月2日
会場:東京国立博物館 平成館
※ 撮影コーナー以外は撮影は許可されていません。



▼ 参考文献
『特別展 縄文 ― 1万年の美の鼓動』(図録)NHK・朝日新聞社、2018年7月3日