疲労を感じたら自然の音をきいてゆらぎを感じてリラックスし、ストレスを解消するとよいです。
新幹線のなかでゆっくりやすもうとおもったが、かえってつかれてしまったという経験がある人がいるとおもいます。新幹線通勤ですわって通勤できるから疲労回復になるとおもいきや、新幹線特有のつかれを感じてまいっているという話をきいたことがあります。

このような疲労の要因のひとつに「ゆらぎ」のない不自然な環境があるといいます(注1)。新幹線や飛行機のなかなどのゆらぎのない環境は不自然で、安心してリラックスすることができず、疲労をまねきやすいそうです。

このような疲労を感じたときには自然の音をきくとよいです。たとえば海岸の波の音や川のせせらぎの音をきけば、規則的な水の音のなかにあるゆらぎを感じられます。ゆらぎを感じると無意識のうちにリラックスできます。ストレスを解消できます。
Amazon デジタルミュージック "Nature Sound Gallery"



 
たとえばコンピューターがえがいた絵をみていたり、コンピューターがつくった音楽をきいていたりしているとしだいにつかれてきます。完璧すぎてゆらぎがないからです。あるいは一定の速度で完璧に原稿をよみあげるアナウンサーのナレーションをきいているとやはりつかれてきます。ゆらぎがないからです。

日本社会では、規則的で完璧なことが美徳とされ、几帳面で正確な人が多いですが、それがストレスをうむ原因にもなっています。そしてストレスがさまざまな病気をひきおこします。

人間は、ゆらぎがあった方がリラックスできます。ゆらぎをもっと大切にすべきです。ただしゆらぎは、規則性のなかにもずれがあるということであり、まったくの自由、めちゃくちゃということではありませんので注意してください。


▼ 関連記事
ゆらぎを感じてリラックスする -『波~慶良間・久米島』-
ストレスをへらす -「免疫力を科学する」(Newton 2018.2号)-

▼ 注1