IMG_0480_79
自然教育園内の水生植物園(中央の木はハンノキ)
(交差法で立体視ができます)
写真を普通に見るのはインプット、立体視するのはプロセシングです。インプットとプロセシングがおこっていることを自覚することがまずは大事です。
ステレオ写真はいずれも交差法で立体視ができます。国立科学博物館附属 自然教育園で撮影しました。
立体視のやり方 - ステレオグラムとステレオ写真 -


DSCF7878ba
ハンノキ



DSCF7880ba
ハンノキ
ハンノキ(カバノキ科)は湿原や沼沢地に生育する高木です。湿地でも生きられるのは、空中の窒素をとりこむことができる放線菌を根に共生させているためです。ひものようにたれさがっているのは雄花序です。1月から咲きはじめます。



IMG_0432_1
ヒメガマ



IMG_0492_1
スダジイ



DSCF7884ba
ダイサギ



DSCF7889ba
ダイサギ




人がおこなう情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)において、写真を普通に見るのは視覚系のインプットであり、誰でもやっていることです。つぎに、立体視の方法を実践してみると立体イメージ(3Dイメージ)が生じます。これは視覚系のプロセシングによるものです。

左右の目にはいってきた光は電気信号に変換され、神経をとおって脳におくられ、情報が融合してひとつの3Dイメージになります。これは〈インプット→プロセシング〉ということです。立体視ができるということは視覚系のプロセシングの初歩ができているということになります。

人間は、さまざまな情報を融合するプロセシング能力を本源的にもっています。視覚系に今回は限定しましたが、現地に実際にいけば、聴覚系・嗅覚系・皮膚感覚系などの情報も融合することができます。現地・現場を体験することが大事です。
 

▼ 自然教育園の記事
照葉樹の森をあるく - 自然教育園 -
立体視をして遠近の両方を同時に意識する - 自然教育園(1)2015.11.20 -
遠近をみて、周辺視野をつかう - 自然教育園(2)2016.01.28 -
立体視をして視覚的情報処理能力を高める - 自然教育園(3)2016.03.23 -
立体視をしてヒーリング効果をえる - 自然教育園(4)2016.04.01 -
平行法と交差法で目線のアンバランスを改善する - 自然教育園(5)2016.04.01 -
3次元の内面空間を確立する - 自然教育園(6)2016.05.15 -
大観したら観察する - 自然教育園(7)2016.07.01 -
目のシステムをレベルアップする - 自然教育園(8)2016.07.01 -
自然をみて目のつかれをとる - 自然教育園(9)2016.08.17 -
見る力とわかる力をきたえる - 自然教育園(10)2016.09.30 -
季節のサインに敏感になる - 自然教育園(11)2016.10.29 -
シンボリックに季節のサインをつたえる - 自然教育園(12)ススキ 2016.10.29 -
環境汚染の指標をとらえる - 自然教育園(13)カワセミ 2016.10.29 -
見る力をパワーアップする - 自然教育園(14)2016.11.30 -
晩秋の紅葉散策をたのしむ - 自然教育園(15)2016.12.10 -
定点観察をたのしむ - 自然教育園(16)-
自然のサイクルに共鳴する - 自然教育園(17)-
動植物を立体視してテクノストレスを軽減する - 自然教育園(18)2017.01.31 -
「目は口ほどに物を言う」 - 自然教育園(19)2017.03.03 -
類似点と相違点に着目する - 自然教育園(20)2017.03.31 -
視野を活性化する - 自然教育園(21)2017.03.31 -
比較する能力をたかめる - 自然教育園(22)2017.05.04 -
心のなかのノートに情報を記銘する - 自然教育園(23)2017.06.20 -
はじめての場所で記憶する - 自然教育園(24)2017.08.17 -
シンボルをとらえる - 自然教育園(25)キチジョウソウ 2017.10.27 -
果実をうみだす - 自然教育園(26)2017.10.27 -
色彩の空間をたのしむ - 自然教育園(27)2017.12.03 -
鳥の目で生態系を見る - 鳥の眼で見る自然展 (自然教育園 28)-
インプットとプロセシング - 自然教育園(29)2018.01.23 -

▼ 注
国立科学博物館付属 自然教育園
同 園内ガイドマップ
 



Sponsored Link