IMG_8023_22
フクジュソウ(交差法で立体視ができます)
立体視や観察の訓練をして目の力をととのえれば心身も安定してきます。
「目は口ほどに物を言う」(注1)と昔からいいます。目は、とても重要なはたらきを日常のなかでしています。目の力がととのい、安定した眼力がある人は心身も安定しています。他方、目をキョロキョロさせている人はおちつきのない不安定な人であることはあきらかです。

立体視訓練をしたり、あるいは興味のある対象をじっくり観察することをとおして、目をととのえ、眼力をきたえることが大切でしょう。

写真はいずれも交差法で立体視ができます。東京都港区にある国立科学博物館付属・自然教育園(注2)で撮影しました。 
立体視のやり方 - ステレオグラムとステレオ写真 - >>



IMG_8058_7
フクジュソウ(キンポウゲ科)
フクジュソウはキンポウゲ科フクジュソウ属の多年草です。旧暦の元旦のころに開花することから、おめでたい花として福寿草(ふくじゅそう)という名がついたといわれています。日本では、北海道から九州にかけてひろく分布し、山林に生育します。黄色い花弁のようにみえるのは萼片です。はれた日には陽の光をあびてひらき、夜間はとじています。



IMG_8026_5
ウグイスカグラ(スイカズラ科)
ウグイスカグラはスイカズラ科スイカズラ属の落葉低木です。幹や小枝が多くしげり、ウグイスがかくれるのに都合がよいのでこの名がつけられました。本州・四国の山地に分布します。



DSCF4835ba
フキ(キク科)
フキはキク科フキ属の多年草です。花をひらきはじめました。「フキノトウ」と言えば、早春の風物詩としてまた味覚としてもお馴染みですが、これはフキの花茎のことをさします。




自然教育園にもようやく春がおとずれました。植物は、土のなかからわきでて、光にむかって大きくなるものだということがよくわかる季節です。


▼ 関連記事
照葉樹の森をあるく - 自然教育園 -
立体視をして遠近の両方を同時に意識する - 自然教育園(1)2015.11.20 -
遠近をみて、周辺視野をつかう - 自然教育園(2)2016.01.28 -
立体視をして視覚的情報処理能力を高める - 自然教育園(3)2016.03.23 -
立体視をしてヒーリング効果をえる - 自然教育園(4)2016.04.01 -
平行法と交差法で目線のアンバランスを改善する - 自然教育園(5)2016.04.01 -
3次元の内面空間を確立する - 自然教育園(6)2016.05.15 -
大観したら観察する - 自然教育園(7)2016.07.01 -
目のシステムをレベルアップする - 自然教育園(8)2016.07.01 -
自然をみて目のつかれをとる - 自然教育園(9)2016.08.17 -
見る力とわかる力をきたえる - 自然教育園(10)2016.09.30 -
季節のサインに敏感になる - 自然教育園(11)2016.10.29 -
シンボリックに季節のサインをつたえる - 自然教育園(12)ススキ 2016.10.29 -
環境汚染の指標をとらえる - 自然教育園(13)カワセミ 2016.10.29 -
見る力をパワーアップする - 自然教育園(14)2016.11.30 -
晩秋の紅葉散策をたのしむ - 自然教育園(15)2016.12.10 -
定点観察をたのしむ - 自然教育園(16)-
自然のサイクルに共鳴する - 自然教育園(17)-
動植物を立体視してテクノストレスを軽減する - 自然教育園(18)-

▼ 注1「目は口ほどに物を言う」
【意味】情のこもった目つきは、言葉で説明するのと同等に、相手に気持ちが伝わるものだということ。
【注釈】怒哀楽の感情を最も顕著に表すのが目だということから、何もしゃべらなくとも目つきから相手の感情がわかるものだということ。また、言葉で偽りごまかしていても、目を見ればその真偽がわかるということ。(出展:故事ことわざ辞典

▼ 注2
国立科学博物館附属自然教育園


Sponsored Link