IMG_1474
やんばる亜熱帯園


ステレオ写真をつかって立体視をすると眼力をつよめることができます。眼力とは、目をつかって情報をインプットしプロセシングをすすめる能力です。わたしたち人間は大量の情報を目からとりいれています。眼力を高めることは情報処理をすすめるためにとても重要なことです。

以下の写真は平行法(注1)で立体視ができます。沖縄のやんばる亜熱帯園(やんばる亜熱帯の森、注2)で撮影しました。


IMG_1436_37
アンスリウム



IMG_1463_64
エクメア



IMG_1468_69
アムニコラ



IMG_1451_52
ラン



 

沖縄・海洋博公園からのかえり道にやんばる亜熱帯園(やんばる亜熱帯の森)にたちよってみました。やんばる(山原)とは、山や森林など自然が多くのこっている沖縄本島北部の地域をさします。

ここではやんばるの森(ジャングル)のなかを実際にあるいてみることができます。貴重な体験です。ジャングルといっても遊歩道はちゃんとついていますので普通の格好で誰でもあるけます。ただし坂道がありダウン・アップします。



IMG_1445
やんばる亜熱帯園


▼ 注1
立体視のやり方 - ステレオグラムとステレオ写真 -

▼ 注2
やんばる亜熱帯の森



▼ 関連記事
立体視をして視覚系の情報処理能力を高める - 沖縄・海洋博公園 熱帯ドリームセンター(1)-
立体視をして視覚系の情報処理能力を高める - 沖縄・海洋博公園 熱帯ドリームセンター(2)-
熱帯・亜熱帯植物の多様性をみる - 沖縄・海洋博公園 熱帯・亜熱帯都市緑化植物園 -
立体視をして眼力をきたえる - やんばる亜熱帯園 -
モデルをつかって気候帯をとらえる -『気候帯でみる! 自然環境〈1〉熱帯』(少年写真新聞社)-

沖縄 - 関連記事まとめ(リンク)-


Sponsored Link