立体視は誰にでもできます。下記の方法にトライして3Dワールドを是非たのしんでください。立体視には、平行法(パラレル法)と交差法(クロス法)の2種類の方法があります。


平行法(パラレル法)をつかった立体視のやり方は下記サイトをご覧ください。


交差法(クロス法)をつかった立体視のやり方は下記サイトをご覧ください。




わたしたちの目はセンサー、脳はプロセッサーです。

わたしたちの目には左右それぞれ独立に光が入ってきます。それらの光の情報はそれぞれの目から脳に伝達されて、そこで両眼の視差が検出され、情報が処理されて立体的(3D)に見えるのというのが立体視の仕組みです。

立体視は、インプットとプロセシングがおこっていることをわたしたちに端的に体験させてくれ、わたしたち人間が情報処理をする存在であることをはっきりと認識させてくれます。

151220 立体視
図 左右の目から光がインプットされ、
プロセシングにより3D画像が生じる



▼ 関連記事
立体視訓練で眼力を高める -『視力回復トレーニング ミラクル・アイ』-
自然の写真を立体視して眼力を高める - 栗田昌裕著『眼力を高めるパワード・アイ』-
立体視をして目をよくする -『はじめての どんどん目がよくなるマジカル・アイ』-
立体視をしてリラックスする -『どんどん目が良くなるマジカル・アイ ヒーリング&リラックス』-
自然の風景画を立体視してたのしむ -『どんどん目が良くなるマジカル・アイ(自然・風景編)』-

見る仕組みを知る - 藤田一郎著『「見る」とはどういうことか』-
3D世界を知覚する仕組みを知る - 藤田一郎著『脳がつくる3D世界 立体視のなぞとしくみ』-

Sponsored Link