徳永貴久監修『どんどん目が良くなるマジカル・アイ(自然・風景編)ベスト版』(宝島社)をつかうと自然の風景画を立体視してたのしむことができます。こんなステレオグラムもあるのかといった感じでとてもおもしろいです。


IMG_3375


『マジカル・アイ』の直接的な効果は目をよくすることですが、情報処理の次元として2Dよりも3Dの方が情報量が圧倒的に多いことを端的に知ることができるのも大きいです。次元を高めた方が情報処理はすすみます。

『マジカル・アイ』シリーズにはたくさんの3Dアート作品が掲載されています。うつくしい作品、ユニークな作品、高度な作品など実にさまざまな作品に出会うことができます。気に入った作品があればくりかえし立体視をしてみるとよいでしょう。


▼ 引用文献
徳永貴久監修『どんどん目が良くなるマジカル・アイ(自然・風景編)ベスト版』(TJ mook)(宝島社)、2012年2月16日
どんどん目が良くなるマジカル・アイ ベスト版 自然・風景編 (TJMOOK) (TJ MOOK)


Sponsored Link


Sponsored Link