うつくしい色彩のステレオグラムを立体視することによってリラックスすることができます。

徳永貴久監修『どんどん目が良くなるマジカル・アイ ヒーリング&リラックス』(宝島社)はステレオグラムのアート作品集です。これらの作品にはヒーリング効果があり、夕方などに目がつかれたら3分間ぐらい本書をつかって立体視をするとリラックスできます。

IMG_3369


つぎのような説明がされています。

イラストや絵画のような目から入る情報は、脳の視床下部を経由し自律神経に刺激を与えることがわかっています。「マジカル・アイ」のような楽しい仕掛けがあり、美しい色彩のイラストを見ることは、自律神経を心地よく刺激し、心理的に良い効果を生みだすのでしょう。

何かにいきづまったときに、論理的な思考回路で問題の理由や解決方法を見出そうとするとつかれてしまいます。そのようなときは「マジカル・アイ」を見て理屈や言語から解きはなたれて気分を変えてみるのがよいでしょう。


▼ 引用文献
徳永貴久監修『どんどん目が良くなるマジカル・アイ ヒーリン&リラックス』(TJ MOOK)(宝島社)2009年8月6日
どんどん目が良くなるマジカル・アイ ヒーリング&リラックス (TJ MOOK)

▼ 文庫版もあります

▼ 関連記事
見る仕組みを知る - 藤田一郎著『「見る」とはどういうことか』-
3D世界を知覚する仕組みを知る - 藤田一郎著『脳がつくる3D世界 立体視のなぞとしくみ』-

自然の写真を立体視して眼力を高める - 栗田昌裕著『眼力を高めるパワード・アイ』-
立体視訓練で眼力を高める -『視力回復トレーニング ミラクル・アイ』-
立体視をして目をよくする 〜 栗田昌裕著『3D写真で目がどんどん良くなる本【動物編】』〜
立体視をして目をよくする -『はじめての どんどん目がよくなるマジカル・アイ』-
立体視の訓練をする - 明治時代からあった3D写真 -
3D 画像 をつかって奥行きの情報もインプットする -『恐竜3D図鑑』-

わたしたち人間は情報処理をする存在であることに気がつく
立体視をして情報処理の次元をたかめる





Sponsored Link