立体視の訓練をしていると目をよくすることができます。『はじめての どんどん目がよくなるマジカル・アイ』(宝島社)はステレオグラムをつかった立体視の入門書です。

組み立て式の紙の「3Dスコープ」がついているので、本書の方法で練習すれば誰でも立体視の感動を味わいながら目をよくしていくことができます。初球・中級・上級にわかれていて順をおってステップアップ方式ですすんでいけるのもよいです。


IMG_3360


立体視は、インプットとプロセシングがわたしたちの視覚系でおこっていることを手軽に実体験できる方法としてもすぐれています。是非トライしてみてください。


▼ 引用文献
徳永貴久監修『はじめての どんどん目がよくなるマジカル・アイ』(TJ MOOK)(宝島社)2010年7月25日
はじめてのどんどん目が良くなるマジカル・アイ (TJ MOOK)

▼ 関連記事
見る仕組みを知る - 藤田一郎著『「見る」とはどういうことか』-
3D世界を知覚する仕組みを知る - 藤田一郎著『脳がつくる3D世界 立体視のなぞとしくみ』-

自然の写真を立体視して眼力を高める - 栗田昌裕著『眼力を高めるパワード・アイ』-
立体視訓練で眼力を高める -『視力回復トレーニング ミラクル・アイ』-
立体視をして目をよくする 〜 栗田昌裕著『3D写真で目がどんどん良くなる本【動物編】』〜
立体視をして目をよくする -『はじめての どんどん目がよくなるマジカル・アイ』-
立体視の訓練をする - 明治時代からあった3D写真 -
3D 画像 をつかって奥行きの情報もインプットする -『恐竜3D図鑑』-

わたしたち人間は情報処理をする存在であることに気がつく
立体視をして情報処理の次元をたかめる
情報処理の場の次元を高めて最短距離を見つける
情報処理の次元を高める 〜『次元とは何か 0次元の世界から高次元宇宙まで』(Newton別冊)〜





Sponsored Link