IMG_4021
Magic Trackpad 2


サイズが大きくなったアップルの「Magic Trackpad 2」をつかうと作業スペースが拡大します。

新しいトラックパッド「Magic Trackpad 2」を購入しました。サイズがとても大きくなり外観もかわりました。MacBook Pro でつかいます。

まず、Mac OS X を最新の「El Capitan」にアップグレードしなければなりません。ふるいバージョンではつかえません。 

つぎに、Lightning-USB ケーブルをつかって Magic Trackpad 2 を MacBook Pro につないだら Bluetooth ペアリングが自動的に完了し、すぐにつかえるようになりました。
 
新製品は乾電池式ではなく充電式になりました。充電された状態で出荷されているのであらためて充電する必要はありません。バッテリーがきれたら、Lightning-USB ケーブルをつかって Mac に再度つなぎます。満充電までにかかる時間は約2時間で、満充電から約1ヶ月は使用できるそうです。

スライド式電源スイッチが右後ろについているので、つかわないときは切っておきます。電源オンのときにのみクリックができるようになっています。電源オンのときにのみ擬似的なクリック感を発生させる仕組みです。

新機能として「強めのクリック」(感圧タッチ)があります。便利でもありますが "おもしろい" といった感じです。トラックパッドを押してから指先で圧力をくわえると(しらべたいテキスト上を1本指でつよめにクリックすると)「調べる&データ検出」機能がつかえます。

面積が大きくなったので、作業スペース(ワーキングスペース)が拡大し、つかい勝手はとてもいいです。

なお「Magic Keyboard」もあわせて購入しました。小さく薄く軽くなりました。旧モデルよりもみじかいストロークでしっかりタイプできますので大量に文章をうちこむ人にとってはいいでしょう。しかし Magic Keyboard は進歩はしているもののあたらしい機能は特別にはないようです。店頭でたしかめてから買ったほうがよいでしょう。

新しい Magic Keyboard、Magic Trackpad 2 >> 


Sponsored Link