150410b
写真1 Apple Watch の展示(アップルストア表参道店)

アップルの Apple Watch新 MacBook が 2015年4月10日に予約注文の受け付け開始になりました(注)ので、アップルストア表参道(実店舗)にいってきました。

新 MacBook については、現時点ではオンライン限定販売ということで残念ながら店頭展示はしておらず、どのような製品なのかをさわってたしかめることはできませんでした。

Apple Watch は店頭展示をしていました(写真1)。普通の時計よりもかなり分厚くごっつい感じでした。

Apple Watch の試着をしたい場合は、オンラインあるいは店頭で試着予約をしてからということになります。オンラインであらかじめ予約してから出かけたほうがよいでしょう。

一方、Apple Watch の動作をためしたいだけの場合は、表参道店でしたら地下へいくと体験キットがおいてあるので誰でも自由に操作することができます(写真2)。白い箱に Apple Watch とiPad がうめこまれていて、Apple Watch を操作すると左側のディスプレーに説明が表示されます。体験キットの利用は予約の必要はありません。ただ台数がすくないのでこんでいるときは順番まちになります。はやめに行ったほうがよいです。

150410 Apple Watch
写真2 Apple Watch 体験キットをつかって動作をためすことができる
(アップルストア表参道店)


Apple Watch はバッテリー持続時間が約18時間しかないということなので、わたしには買う予定はありません。

しかし購入するかどうかよりも、アップルあるいは情報技術の進歩の最先端がどのような状況になっているのかを知ることには大きな意義があります。情報技術にかぎらず最先端を知ることはその分野の全体像をとらえるためにとても役立ちます

全体をとらえることは、あらたな購入計画や対策の立案などのつぎの一手をかんがえるときの参考になります。また iPhone や iPad ・MacBook Air ・ MacBook Pro などの既存の商品を全体のなかにあらためて位置づけてとらえなおすこともできます。


▼ 注
アップル(公式サイト)

▼ 関連記事
クラウド時代のビジョンをえがく -「新しいMacBook」が登場 -
Apple 製品の発売周期を知る
Mac と iOS 􏰀􏰀端末との連携機能を体験する - アップルストア表参道 -

▼ 追記
最先端を知ることはその分野の極端を知ることです。極端には、空間的あるいは地理的な極端もありますが、本項のような時間軸にそった極端もあります。いずれにしても極端を知ることは全体像をつかむためにとても役立ちます。なお進歩の最先端の反対側の極端はその分野の始まり(起源)です。起源を知ることもその分野をトータルにとらえるために役立ちます。

▼ 関連記事
極端を知って全体をとらえる - 本多勝一著『極限の民族』-