詩歩著『死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編』は、旅行ガイドつき絶景写真集(日本編)です。

息をのむ至極の絶景の数々が紹介されており、アクセスや観光情報・体験談などものっているので、本書をガイドにして実際に旅行をたのしむことができます。

本書は、Facebookページ「 死ぬまでに行きたい!世界の絶景 」から派生し誕生した写真集です。本書には、前著『『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』があり、前著は世界編でしたが、本書は日本編であり、行きたいところに行きやすいので利用価値が高いとおもいます。

本書を見ていると、たとえば、三重県木津呂のUFO地形、岩手県北山崎の断崖絶壁と奇岩、山梨県尾白川渓谷の三段の滝、東京都青ヶ島の二重式カルデラの村など、こんな絶景があったのかと世界がひろがってきます。

IMG_1328


このような絶景を見ていると自然界が実に多様であることがわかります。また、それぞれの自然環境のもとで個性的な文化がはぐくまれることも想像できます。

このような通常とはことなる極端な土地に行くと、努力をしなくても、そこでの体験は強烈なインパクトを生みだし、ふかい印象とともに、一生わすれられない記憶をつくりだします。

そして、絶景旅行によりみずからの体験の幅をひろげることは、ものごとの理解の仕方をふかめます。

絶景に接するということは極端を知ることです。接するだけでなく、その異空間のイメージを心のなかにとりこめば、心の世界もひろがります。心のなかに絶景をインプットし、記憶し、おりおりに想起していけば、心の場が大きくなり、発想もひろがってきます。

是非、本書をたよりに旅に出てください。


▼ 文献
詩歩著『死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編』三才ブックス、2014年7月11日


▼ 関連書


▼ 関連ブログ
絶景を旅する 〜 H.I.S.著『世界の絶景さんぽ』〜 
場所に情報をむすびつけて記憶する -世界遺産・記憶法- 
日本地図にイメージをむすびつけて記憶する -日本列島記憶法-