発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

< |3 >
本文をよむ

< |2| >
本文をよむ

DSCF0041ba
成田国際空港 
(交差法で立体視がでます)
3次元空間を旅します。対象とともに環境もとらえます。物事の背景をよみとります。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

インプットとアウトプットのアンバランスが環境問題をひきおこします。機械文明は、自然環境と人間の双方を「侵食」します。環境調和型の文明への転換が必要です。
本文をよむ

DSCF9795ab_edited-1
(平行法で立体視ができます)
東北最大級の水族館です。生物とその環境がわかります。2次元と3次元では情報量がちがいます。
本文をよむ

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
本文をよむ

定型表現は「大きな単語」です。すぐにつかえ、役立ちます。コミュニケーションがすすみます。
本文をよむ

立体視の訓練をすることにより視力が回復できます。つかれ目にも効果があります。観察力と大観力がきたえられます。
本文をよむ

視力低下の対策になります。目がいやされます。視野が拡大します。
本文をよむ

多数の空中写真(航空写真)が掲載されています。平行法で地形が立体視できます。インプットされる情報量がふえます。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

IMG_1475_6
東京国立博物館・東洋館 11室「クメールの彫刻」
(平行法で立体視ができます)
アンコール期(9-13世紀)のクメール彫刻がみられます。カンボジアでは、1〜7世紀にかけて、クメール人の最初期の王朝がさかえました。7世紀中頃以降には、ヒンドゥー教と仏教が信仰されます。アンコール王朝が9世紀初期にはじまると、クメール文化は最盛期をむかえます。
本文をよむ

2020/02/05 更新
< |2 >
本文をよむ

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
本文をよむ

↑このページのトップヘ