発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

3D ビューがたのしめます。地球の誕生から人類の進化まで、壮大な歴史がわかります。空間記憶法(建築法)にもとりくめます。
本文をよむ

IMG_1440_42
東北大学 自然史標本館
(平行法で立体視ができます)
標本をみながら、自然史あるいは地質学の基礎がまなべます。教科書的な展示です。地層の研究が、自然史から人間史までを同一の方法で連続的に理解する道をひらきます。
本文をよむ

仮説をたてて検証します。演繹法がつかえます。問題解決のカギは局所の選択にあります。
本文をよむ

作文には、情報の統合作用があります。情報の統合はアウトプットの本質です。書けば書くほど心がととのいます。
本文をよむ

日本語の作文は、人間主体の情報処理におけるアウトプットの手段として重要です。アウトプットをすればするほど、おのずと、インプットとプロセシングがすすみます。情報がながれます。
本文をよむ

ながい修飾語ほど先に配置します。語順が、原則の逆順になったときにテンをうちます。技術は、練習すれば誰でも習得できます。
本文をよむ

DSCF0382ba
パシュパティナートの参道 
(交差法で立体視ができます)
インド亜大陸の4大シヴァ寺院のひとつであり、ネパール最大のヒンドゥー教の聖地です。ヒンドゥー教徒たちは荼毘にふされ、輪廻転生します。ヒンドゥー教の神々は日本にも渡来しています。
本文をよむ

事実・前提・仮説に注目します。3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)が有効です。一般的傾向や規則性・本質があきらかになり、予測ができます。
本文をよむ

鳥類は恐竜類の一種です。おおくの恐竜類は絶滅しましたが、鳥類はいきのこり、進化しました。生物と環境の相互作用により絶滅も進化もおこります。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがります。人間的なやりとり、自然環境とのやりとりによって都市文明が発達しました。環境保全のモデルとして有効です。
本文をよむ

英語も、日本語と同様に、相手に配慮し、状況に応じた表現ができます。言葉は思いの表層構造です。言葉のちがいをこえてコミュニケーションができます。
本文をよむ

ウイルスは、他生物の細胞に侵入して増殖します。新型コロナウイルスは何らかの野生動物に由来するとかんがえられます。自然環境を開発・破壊してはなりません。すみわけが重要です。
本文をよむ

行動遺伝学者が双生児を研究しました。遺伝と環境には相互作用があります。遺伝の影響は不変ではなく、環境が、遺伝のはたらきをひきだします。
本文をよむ

人体には、インプット器官・プロセシング器官・アウトプット器官があり、これらは連動しています。人体のしくみをしり、健康法にとりくみます。心の健康のためには知的情報処理が重要です。
本文をよむ

↑このページのトップヘ