発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

DSCF9887ba
(交差法で立体視ができます)
恐竜は鳥類に進化していきのこりました。生物と環境の両者に注目します。個体だけをみるのではなく、生命のおおきな流れをとらえます。
本文をよむ

イメージで単語をとらえます。動詞の意味とつかわれる文の形は密接につながっています。まとめて類語をおぼえます。
本文をよむ

IMG_0807_6
ギルガメシュ(左)とエンキドゥ(右)
(交差法で立体視ができます)
ギルガメシュは世界最古の都市ウルクの王でした。『ギルガメシュ叙事詩』は世界最古の文学です。都市文明から文明ははじまりました。
本文をよむ

IMG_0988_9
(平行法で立体視ができます)
漢字 4000 年の歴史がわかります。漢字は簡略化されてきました。誰にとってもわかりやすい表記・表現がもとめられます。
本文をよむ

IMG_0885_6
関羽(かんう)像
(平行法で立体視ができます)
「リアル三国志」が体験できます。展示品(遺物)を物語のなかに位置づけて理解し記憶できます。すべての断片的情報に意味が生じます。
本文をよむ

IMG_5606_8
岡山市立オリエント美術館 
(平行法で立体視ができます)
オリエントの文化成長と歴史がわかります。文明は、都市文明からはじまり、広域文明へ発展しました。
本文をよむ

繊細な意味をはこぶ「レベル2動詞」もイメージをつかえば容易に習得できます。プログラムにしたがって練習すればおのずと身につきます。イメージと文型をむすびつけます。
本文をよむ

人間が月面に着陸してから50年がたちました。「地球の出」や「ブルー・マーブル」が人間たちを「地球人」にしました。宇宙を研究することにおおきな意義があります。
本文をよむ

人間の脳をまねて人工知能が開発されています。ディープラーニングが社会をかえつつあります。人工知能がいつの日か人間をおいこすとかんがえられています。
本文をよむ

段落を要約します。類似性に注目してグループ編成をし、文章化します。本文の内容をふかめます。
本文をよむ

動物たちと触れ合える観光施設がはやっています。ブームに SNS が火をつけました。観光の陰で動物たちは過酷な生活をしいられています。
本文をよむ

似た情報(文)をあつめて段落をつくります。ひとつのグループがひとつの段落になります。断片的情報を体系化できます。
本文をよむ

情報処理の一環として記憶法をとらえなおします。記憶法は、〈記銘→保持→想起〉からなります。〈想起→アウトプット〉訓練が重要です。
本文をよむ

それぞれの単語にイメージがあります。イメージと文型がシンクロナイズします。配置の原理が言語にはあります。
本文をよむ

よい睡眠は認知症を予防します。やる気がたかまると眠気がふきとびます。テーマ設定が必要です。
本文をよむ

↑このページのトップヘ