発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

近接目標をたてるとやる気がでます。近接目標の達成体験をくりかえして遠隔目標にいたります。自分にあった目標を設定します。
本文をよむ

DSCF0377ab
テルミン(東京芸術大学 第6ホール)
(平行法で立体視ができます)
電子楽器が発明されてから100年がたちました。芸術分野にも電子機器がひろまります。技術革新の中核には規格化があります。
本文をよむ

統計の手法は帰納法です。仮説法・演繹法・帰納法をくみあわせて問題を解決します。
本文をよむ

「○○は」とのべて題目をしめします。「は」の本務と兼務を理解します。「○○は」と「○○が」をつかいわけます。
本文をよむ

日本語の大黒柱は述部にあります。「題目-述部」という構造が基本です。知的生産がすすみます。
本文をよむ

夢は、人間主体の情報処理に役だっているようです。プロセシングが睡眠中にすすみます。インプットをしたらさっさと寝ます。
本文をよむ

形容詞は名詞を修飾する要素であり、印象をあらわす単語です。イメージ(絵)をみたときの印象を大切にします。印象をつかって効果的に学習をすすめます。
本文をよむ

心のしくみとは情報処理のしくみです。情報処理の結果としてわたしたちの認識は生じます。情報処理・記憶法・類比法が心の健康のために役立ちます。
本文をよむ

DSCF0075ba
国立科学博物館附属自然教育園
(交差法で立体視ができます)
国立科学博物館附属自然教育園の「大蛇(おろち)の松」が倒伏しました。森林は遷移します。空間的視点と時間的視点からとらえなおします。
本文をよむ

DSCF0158b
風景の科学展 
(平行法で立体視ができます)
風景をみて、対象を選択して、みえないものを想像します。〈大観→局観→達観〉という3段階の方法で認識がふかまります。問題解決にも応用できます。
本文をよむ

進化の過程でヒトは毛をうしないました。衣服をきて、さまざまな自然環境に適応しました。文化そして文明を発展させました。
本文をよむ

「主客合一」「絶対矛盾的自己同一」「直観」によって「永遠の世界」にいたります。
本文をよむ

スキットを想像します。キーフレーズを見出しにします。情報をひとまとまりにして記憶(ファイル)します。
本文をよむ

DSCF9959ab
「ユカギルマンモス」(レプリカ)
(平行法で立体視ができます)
永久凍土は、太古の生物と環境を現代につたえる「タイムカプセル」です。マンモスは寒冷地に適応しましたが約4000年前に絶滅しました。絶滅した生物を現代に再生させてはなりません。
本文をよむ

DSCF9791ab
(平行法で立体視ができます)
日本列島内にも侵略戦争がありました。先住民族・蝦夷は律令国家に征服されました。しかし独自の伝統文化はいまでも息づいています。
本文をよむ

↑このページのトップヘ