発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

夢をみて、アイデアをえます。常識から開放されます。登場人物はみずからの分身です。
本文をよむ

北極圏の氷がとけはじめています。北極経済圏が形成されつつあります。覇権あらそいがはじまります。
本文をよむ

立体視をすると目がよくなります。インプット能力がたかまります。奥ゆきにも心がくばれるようになります。
本文をよむ

現代は大量絶滅の時代です。人間は自然に手をくわえます。基本的に人間は利己的な存在です。
本文をよむ

立体視をして眼力をつよめます。目から情報をとりいれ、脳が解釈します。風景や物をみるコツがつかめます。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

地域とは〈主体-文化-自然環境〉系です。ヒンズー文明・重層文化・チベット文明という垂直構造がヒマラヤにはみられます。文明圏の縁辺では重層文化が発達します。
本文をよむ

ひとつのイメージから、さまざまな意味やつかい方がひろがります。単純なイメージは本質をあらわします。英会話を練習しながらイメージ訓練ができます。
本文をよむ

歴史柱状図から重層文化がよみとれます。基層文化に外来文化をかさねて独自文化をつくります。重層文化は、地球時代をいきぬく方法としてつかえます。
本文をよむ

大和政権が東北地方を侵略しました。西日本の文化が東北地方にももたらされました。平安時代後期には平泉文化が花ひらきました。
本文をよむ

弥生時代になると、稲作農耕民族が大陸から移住してきました。稲作文化は、東海地方までは一気にひろまり、その後、東北地方にも徐々に浸透しました。おおきくなったムラには豪族があらわれました。
本文をよむ

DSCF9793ba
(交差法で立体視がでます)
東北の歴史を概観できます。重層文化がみられます。縄文文化は日本の深層文化です。
本文をよむ

大震災時には、防火樹林帯の有無が生死をわけます。植樹活動が必要です。
本文をよむ

語順の原則とテンの原則をまずは習得し、つぎに助詞の原則を習得します。文を構造化するとわかりやすくなります。
本文をよむ

発達障害には、自閉症スペクトラム障害、注意欠如多動性障害、学習障害があります。発達障害は、情報処理能力のかたよりとしてとらえることもできます。発達障害について正確に理解するるともに、発達障害の人が活躍できる場をみつけることが大事です。
本文をよむ

↑このページのトップヘ