発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

< |2 >
本文をよむ

日本列島の多様な自然環境が多彩な食材をもたらします。魚と米が和食の基盤であり、縄文文化と弥生文化がそこに反映しています。文化には、自然環境も人間もしみこんでいます。
本文をよむ

事実レベルと思考レベルを往復します。仮説法、演繹法、帰納法とすすみます。論理の区切りを自覚します。
本文をよむ

〈仮説→事実→一般〉とすすみます。グラフをつくり、方程式をみちびきます。予測ができます。
本文をよむ

DSCF0071ab
地質標本館 
(平行法で立体視ができます)
長期間にわたる安定のあとに急激な変動がおこります。変わるべきときがきたら一気に変わります。自然には飛躍があります。
本文をよむ

ねむっているときに脳の老廃物があらいながされます。プロセシングがすすみます。健康維持のために情報処理をおこないます。
本文をよむ

科学的に死を追究します。死がわかると生がわかります。死があるのが生命です。
本文をよむ

鬼海カルデラの調査がすすみます。超巨大カルデラの構造と噴火のしくみがわかりました。巨大噴火はこれからもおこります。
本文をよむ

ニュージーランド政府が先住民マオリにあやまりました。ワンガヌイ川に法的な人格をみとめました。自然のネットワークにくわえて自然の歴史的みかたも重要です。
本文をよむ

ウイルスと感染症を論理的にとらえなおします。治療薬とワクチンの開発・実用化が流行をおわらせます。定量的な予測と対策が必要です。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

DSCF0531bab
パタン・ゲート
(交差法で立体視ができます)
カトマンドゥ盆地にかつてあった都市国家のひとつです。「ラリトプル」(美の都)ともよばれます。広場が文化をはぐくみます。
本文をよむ

仮説法・演繹法・帰納法をつかうと予測ができます。あらたな前提としてカオス(渾沌)があきらかになりました。たえず現状を確認し、災害にそなえます。
本文をよむ

人間は情報処理をする存在です。感覚器はインプット、脳はプロセシング、声帯や手足はアウトプットの機能をもちます。総合的な処理が、体の健康と心の安定をもたらします。
本文をよむ

IMG_9174_5
アジアの植生
(平行法で立体視ができます)
自然植物園があります。森林生態系や生物多様性などについて理解できます。貴重な自然をのこそうと努力している人々がいます。
本文をよむ

↑このページのトップヘ