発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

地球温暖化にともない海の温暖化もすすみます。毎年、豪雨がおそってきます。これまでの常識は通用しません。
本文をよむ

梅雨前線が停滞しています。積乱雲の群れ(線状降水帯)が豪雨をもたらします。地球温暖化も影響しています。
本文をよむ

城郭と城下町の痕跡がみられます。 小田原は城下町の原点・モデルでした。 原点・起源をしることはトータルにすばやく物事を理解するために役だちます。
本文をよむ

目の筋肉がほぐれます。気分をリセットし、リフレッシュできます。眼力は、人間主体の情報処理における基礎的な能力です。
本文をよむ

「足」をつかった取材をおこない、仮説をたてます。定量的データで検証します。処理結果を発表します。
本文をよむ

発展途上国と先進国という分類はもはや役立ちません。〈仮説(モデル)→ 事実(データ)→ 一般(前提)〉とすすみます。事実で世界を理解します。
本文をよむ

感染しても症状がでない人々がいます。ウイルスを他者に感染させないための注意・努力がいります。状況を把握できれば解決策が立案できます。
本文をよむ

ウイルスのゲノム解析がすすます。 実証的研究をすすめることが治療薬とワクチン実現の近道です。
本文をよむ

IMG_1722_3
パタン博物館
(平行法で立体視ができます)
インド密教(後期大乗仏教)がネパールに伝来しました。仏教の伝統がパタンには息づいています。仏教とヒンドゥー教が共存し、独自のネワール文化が花ひらきました。
本文をよむ

文型の意味をまず理解します。文型は「設計図」です。「設計図」にポンポンと英単語をいれていきます。
本文をよむ

メッセージを相手につたえるとき、例示と比喩をつかいます。類比法の練習になります。対照表現や比較表現にも発展します。
本文をよむ

感染症が今後とも断続的におそってきます。野生動物と人間のあいだに緩衝帯をつくります。地球上でうまくすみわけます。
本文をよむ

PCR 検査と抗体検査の相違を理解します。データを蓄積して一般的傾向をつかみます。定量的に予測します。
本文をよむ

DSCF0595ba
「時」展覧会2020の会場
(交差法で立体視ができます)
時間のながれをはかります。文明の発展のために暦が必要でした。未来が現在にながれこんできます。
本文をよむ

地形・地質をしらべます。斜面に注目します。空間的な認識に歴史的な考察をくわえます。
本文をよむ

↑このページのトップヘ