発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

多数の空中写真(航空写真)が掲載されています。平行法で地形が立体視できます。インプットされる情報量がふえます。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

IMG_1475_6
東京国立博物館・東洋館 11室「クメールの彫刻」
(平行法で立体視ができます)
アンコール期(9-13世紀)のクメール彫刻がみられます。カンボジアでは、1〜7世紀にかけて、クメール人の最初期の王朝がさかえました。7世紀中頃以降には、ヒンドゥー教と仏教が信仰されます。アンコール王朝が9世紀初期にはじまると、クメール文化は最盛期をむかえます。
本文をよむ

2020/02/05 更新
< |2 >
本文をよむ

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
本文をよむ

イメージをつかって直観的に理解します。言葉や理屈だけにたよるのはよい方法ではありません。イメージを言葉にしてアウトプットします。
本文をよむ

2020/1/29 更新
< |2 >
本文をよむ

DSCF0271ab
(平行法で立体視ができます)
乾燥気候帯でミイラ文化がとくに発達しました。それぞれの地域に風土があり、文化があります。それぞれに死生観があります。
本文をよむ

2020.1.26 更新
< |3 >
本文をよむ

< |2| >
本文をよむ

垂直構造がみられます。多様な自然環境のなかでさまざまな民族がすみわけています。〈主体-文化-自然環境〉系が機能しています。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

地球にも太陽にも宇宙にも終わりがあります。重力とダークエネルギーが重要です。天体を意識すると時間が、宇宙全体を意識すると空間が認識できます。
本文をよむ

巨大ウイルスが発見されました。遺伝子の水平移動と共進化がおこりました。共生原理の進化論が展開します。
本文をよむ

視覚について説明しています。目は、光をとおして情報をインプットする器官です。1日2時間以上 太陽光のもとで活動して視力低下をふせぎます。
本文をよむ

↑このページのトップヘ