発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

読む側にとってわかりやすい文章を書くための本です。これは作文の「技術」である以上、訓練をすれば誰でもできるようになるというものです。約30年間にわたってわたしはつかっています。

以下に、日本語の作文技術の原則をレベル別に整理しました。

■ 日本語の作文技術の基本原則(初級レベル)は以下の通りです。
1. 修飾する言葉される言葉はなれすぎない
2. 句を先に詞をあとに
3. 長い修飾語は前に、短いほど後に
4. 大状況・重要な言葉ほど前に
5. 親和度(なじみ)の強弱による配置転換
6. テン
 6-1. 長い修飾語:長い修飾語が2つ以上あるとき、その境界にうつ。
 6-2. 逆順:ある語を強調するため、修飾語の語順が原則の逆順になる場合にうつ。


■ 表記法の原則(中級レベル)は以下の通りです。
1. ナカテン:並列や同格の語のあいだにつかう。
2. 二重ハイフン:力夕カナの固有名詞などを列挙するときにつかう。
3. 力ギカッコ
 3-1. 引用は、あくまで原文や発言のままカギカッコの中にしめす。
 3-2. 自分達ではつかわないが相手側がつかう言葉をそのままつかう場合にはカギ力ッコに入れる。
4. ヒゲカッコ:「本当はそうではない」ときとか、「いわゆる」つきのときにつかう。
5. テン
 5-1. 状況により、筆者の考えをテンにたくす場合として、思想の最小単位をしめす自由なテンをうつ。
 5-2. 構文上高次元のテン(文のテン)を生かすためには低次元のテン(句のテン)はのぞく。
6. マル:思想の最小単位を組みあわせた最初の「思想のまとまり」をしめす。文が終わったら必ずマルをつける。
7. 段落:かなりまとまった思想表現の単位であり、足でいえば、各部分の境の関節が改行である。
8. :人体にたとえれば、足・腹・頭といった大きな部分であり、人体という全思想を形成するための大きな構想である。
9. 送りがな:語尾変化可能な部分以下をすべて送りがなにする。
10. 外国語のカナ表記
 10-1. 実際にそのカナを発音してみて、どれが言語により近いかをかんがえる。
 10-2. 日本人にとって発音しやすい(視覚的にもわかりやすい)方をとる。
11. 文をわかりやすくする工夫:カナばかり続いて読みにくいところができてしまったら、まず漢字、次いで傍点や力夕カナを考え、それでもダメ な場合には分かち書きをする。

さらに上級レベルとしては無神経でない文章、リズムと文体、取材法などがありますが、これらは本書をご覧ください。

初級レベルをまずは実践し、わかりやすい日本語そして達意の文書が書けるように訓練をつんでいきたいものです。なお初級・中級・上級のレベル分けはわたしがしたものです。


▼ 文献
本多勝一著『日本語の作文技術』(朝日文庫)、朝日新聞出版、1982年
日本語の作文技術 (朝日文庫)


▼ 関連記事
わかりやすい日本語を書く - 本多勝一著『日本語の作文技術』-
読点を完璧につかいこなす - 前著の応用・実戦編 - 〜『実戦・日本語の作文技術』〜

本多勝一著『日本語の作文技術』をつかいこなす - まとめ -


年表スタイルで自分史を書くための本です。

左ページには、世界情勢・社会的な事件・自然災害・流行などが記載されていて、右ページに自分史を記入する形式になっています。この形式により、時代の大きな潮流のなかに自分の体験を位置づけることができます。

左ページをみながら、連想ゲームのように記憶をひきだしたり、過去の体験をおもいだします。エピソードも書いておくとよいです。実務的にはワープロをつかって、本書を参考にしながら、思いだすたびに書きだし、書きたしながら自分史をつくっていくとよいでしょう。

これは、自分の記憶の倉庫から記憶を一旦とりだし、記憶の倉庫にまたいれなおす、記憶の倉庫にファイルしなおす作業であり、記憶法の訓練でもあります。過去の体験を想起することにより記憶をとらえなおすことができ、よくできた記憶のファイルができあがります。すると、自分自身を見直したり再発見したりすることができ、過去の「意味」を改善することができます。

こうして、この形式の作業を継続すれば、自分自身の心を整備し、心のバランスと調和をもとめることになり、記憶法の訓練が能力開発の訓練に発展していきます。

文献:藤田敬治著『脳を活性化する自分史年表』出窓社、2011年
脳を活性化する 自分史年表 愛蔵版DX

アップルストア銀座のワークショップ「iCloud」に参加し、iCloudについて理解することができました。


USBケーブルをつかってデバイス(端末装置)を同期をするのではなく、iCloudとWi-Fiをつかって自動的に同期できるようになったところが大きな改革です。iPhoneとiPadのバックアップも自動的にしてくれます。Macは、これまでは“旗艦”(システムの中枢)として機能していましたが、もはやデバイスの一種になりました。


こらからはハードウェア中心ではなく、クラウドを中心にして総合的なシステムが構築され、様々な情報処理がすすむとかんがえられます。つまり、iPhone・iPad・Macといった端末装置(ハードウェア)にとらわれるのではなく、クラウドから端末装置をとらえなおし、総合的な情報処理システムを構築することがもとめられます。あたらしい総合的情報処理システムは、ハードウェア開発の延長線上ではなく、クラウドを中心にしてあらたにデザインしなければなりません。iCloudシステムの全体像をつかむことが重要です。


そしてユーザーは、このシステムをつかって何ができるかというよりも、自分が何をしたいのかを明確にすることがまず必要です。たとえばiPadは従来のコンピューターとはちがい、ユーザーの目的に応じて自在につかいこなすことができるデバイス(端末装置)です。iPadとiPhoneとMacとを適切につかいわけるのがよいです。iCloudシステムの中核になるのはコンピューターではなくユーザー、つまり自分自身(人間)です。コンピューターに何かをしてもらおうというのではなく、自分自身(人間)こそが情報処理システムの中核的存在にならなければなりません。主体性がもとめられます


たとえば、フォトストリームをONにすると自動的に写真が保存され、すべてのデバイスでおなじ写真が見られるようになります。様々なメモや記録の保存・閲覧方法としてこれは応用ができます。また、あたらしい音声入力をつかえば、文章化にかかる時間はこれまでの約4分の1に減ります。


ジョブズが、iPhoneやiPadそしてiTunesをなぜ開発したのかがわかりました。未来を見通していたジョブズのビジョンにあらためて感心しています。

第221回SRS特別講習「活知法(活知応用学習法)」を受講し以下をまなびました。

「活知」とは生きた知識のことであり、「活知法」とは、命が宿った生きた知識を活用する作業の全体をいいます。生きた知識を重点的にまなび、そこを起点にしてそれをふくらませる作業を通して学習効果を高めることができます。生きた知識は心の中で成長していきます。すると、ある分野に関して体系的な理解ができるようになり、その本質を知ることができます。

活知法を通してSRS記憶法をとらえなおすこともできます。人生を旅しながらゆたかな体験記憶をふやしていきます。「いつ」「どこで」という時間と空間をおさえて記憶することがポイントです。さらに、知識を響かせる「エコーイング」により、知識を潜在意識に周知させます。また、「要」「集」「観」「展」「創」「力」のポイントを踏んで出力(速書)をします。

断片的な知識をあつめているだけでは意味がなく、体系的な理解をして本質を知ることが重要だとおもいました。体系には本質があり、本質は原理といってもよく、しばしばそれは仮説として提案されるとかんがえられます。活知法を実践し、「活知」をふくらませるようにして認識をふかめ、新たな世界や未来を予感することができるようになりたいものです。

記憶法をみごとに体系化しています。記憶法に関しては、古今東西さまざまな技法が開発されていますが、このSRS記憶法ほど みごとに体系化され、なおかつ、訓練の手順・道筋を明確にしめした方法を私は他に知りません。

このSRS記憶法の中でもっとも重要な技法はSの方法(Space Method:空間法)です。Sの方法を中心にして記憶の練習をするとよいでしょう。

Sの方法(空間法)は、Pの方法(Picture Method:絵画法)の発展形態としてとらえることもできます。また、Sの方法(空間法)は空間をつかうのに対して、Lの方法(Linear Method:線形法)は時間軸をつかうので、Lの方法(線形法)はSの方法(空間法)を補完します。さらに、よりすすんだ実践形態としてWの方法(Walking Method:散歩法)があります。

したがって、Sの方法(空間法)を中心にしつつも、Pの方法(絵画法)Lの方法(線形法)を加味し、意識的に時間をつくってWの方法(散歩法)を実践するのがよいでしょう。

こうして、体験と知識とをむすびつけ心の空間や内面世界を大きく発展させていくことがのぞまれます。


引用文献:栗田昌裕著『栗田博士のSRS記憶法』 ダイヤモンド、1993年 
栗田博士のSRS記憶法―潜在能力をぐんぐんひきだす



近藤麻理恵著『人生がときめく片づけの魔法』は、「毎日すこしずつ片づけていくのではなく、短期間で一気に片づけること」をすすめています。これを片づけの「祭」と命名し、生活と人生をリスタートさせるきっかにしようということです。

そもそも、なかなか片づけられずに身のまわりに物や本があふれていく背景には、「過去に対する執着」と「未来に対する不安」があると著者はいいます。過去にとらわれて思い出を引きずり、また、将来どこかで必要になるのではないかと落ち着かない人々が多いです。

このような執着と不安から解放され、今を、よりよく生きることにつなげるのが片づけの「」です。ときめかない物を捨てるということは、その事柄から「卒業」することであり、未来にむかってあたらしい生活や仕事をはじめることです。ここには決断という大きなイベントがあります。

必要のない本を捨てたら、あたらしい情報がどんどん入ってくるようになったという例もあります。アウトプットをするとインプットがよくできるようになり、情報収集や情報処理がすすむということでしょう。

片付けは、過去に片をつけること
片づけが劇的であればあるほど、その人の考え方や生き方、人生までが劇的に変わってしまう
本当の人生は片づけた後に始まる
と著者はいいます。片づけはあらたな出発点です。片づけを単なる片づけとしてとらえるのではなく、このようなイベントとしてとらえなおし、後ろ向きの人生を切り捨て、未来にむかってあかるいビジョンをえがける人生をあらためてスタートさせたいものです。


▼ 引用文献
近藤麻理恵著『人生がときめく片づけの魔法』サンマーク出版、2010年12月27日
kindle版:人生がときめく片づけの魔法
単行本:人生がときめく片づけの魔法


第216回SRS特別講習会「危救法(危機危険救難法)」に参加しました。

ほころびからリスクが生まれます。リスクとは時空のほころびです。しかし一方で、リスクからあらたな活路が生まれるのも事実です。未知の世界にはリスクもありますが活路もあります。未知の世界に活路を見いだして生きていきたいものです。

人の生活の場は、主体である人と、それをとりまく環境とからなりたっています。

主体と環境との境界領域には生活様式や文化が発達します。文化をとらえるには物(人がつくった物)に注目するとよいです。物は、人工物のみならず農作物や料理などもふくみます。また環境を見るときには、地・水・火・風・空に注目するとよいです。
 
主体と文化と環境の全体を見て構造をつかむとその仕組みがわかってきます。さらに、マクロで見てミクロでとらえると本質がわかってきます。問題意識をもって固定観念をすて、問題意識をとぎすますと本質が見えてきます。固定観念や思い込み・先入観をもっていると何も見えてきません。

ある組織の会報に写真を掲載するにあたって、もっといい写真をたくさんならべた方がいいという意見をうけました。しかし、いい写真は1枚にしておき、それ以外は普通の写真、あるいはいい写真をひきたてる写真にした方がメッセージがつたわりやすいです。

そのためには何をつたえたいのか、メッセージをあらかじめ明確にしておかなければなりません。

たとえば、何かを書くときに10件の情報があったら、その中から1件をえらんでそれを中心に書き、その他はその1件を補強するための手段としてつかうというやり方が推奨できます。テーマは一本にして様々な情報をそれにまきこんでいくのです。

また、たとえば、明朝体で書かれた文章の中にゴシック体の単語が一語あればそれが目立ちますが、すべてがゴシック体だったら何も目立ちません。おいしい料理を平等に何品もならべるよりもメインディッシュは一品にし、それ以外の料理はメインをひきたてるような料理にしたりすることもかんがえられます。

私は、プロジェクト方式で仕事をすすめています。この方式は、既存組織の発展のために常設の組織内部で仕事をする前世紀までのやり方とは大きくことなります。

プロジェクト方式では、まず、どのようなニーズがあるのかをつかむところから仕事がはじまります。そして、目標を設定し、予算を見積もり、チームを結成、目標を達成するまでの期間を決めます。こうして、プロジェクトを推進するための体制をつくっていきます。

チームの結成にあたっては複数の組織から適任者をえらびだします。どうのような組織からえらべばよいか、どのような人をどのように組み合わせるのがよいか、なるべく労力をかけずに効率よく目標が達成できるように思考実験をします。

この方式では、プロジェクト推進のために既存の組織がつかえるかどうかは検討しますが、それよりも、よい組み合わせを見つけることの方が重要です。そして、それらの中心にプロジェクトチームを位置づけます。組織の持続・継続が目的ではなく、プロジェクト目標を達成することに意味があるのですから、目標が達成され期限がくればチームは解散することになります。チームが常設組織になることはあり得ません。

かつての日本の組織は、会社のために社長のために「頑張る!」という様式でした。しかし現代では、終身雇用や年功序列が機能しなくなり、組織の発展のために頑張るという時代ではなくなりました。

小澤征爾さんなどの世界的な音楽家を数多くそだてた音楽教育者・故齋藤秀雄は次のようにのべています。

「バイオリンを弾いて、バイオリンの音をきかせようとしている人がいますが、それはバイオリン弾きであって芸術家ではありません。バイオリンという道具をつかってもっと奥にあるものをつたえようとするとき、その人は芸術家になっていくのです」(注)

奥にあるものあるいは作曲家のメッセージ(おおげさにいえば魂)をつたえることが音楽の役割です。楽器や音はそのための手段です。作曲家は、音をつかって何らかのメッセージを私たちにつたえようとしているのです。

齋藤秀雄はこうもいっています。「バッハの時代はこういう楽器(古楽器)でこういうふうに弾いていたのだから、現代でもそのように弾かなければならないというは、私たちのやり方とはちがいます」

つまり、バッハの時代のサウンドを再現するのが芸術の目的ではなく、バッハの心あるいはメッセージをつたえることがもとめられているのです。そのための手段として楽器があり音があるのです。どのような手段(古楽器か現代の楽器か)をつかったかは本質的な問題ではなく、心やメッセージがつたわったかどうかがポイントになります。

作曲家の心やメッセージを理解することなく、自分を出そうとしたり自己主張をするために演奏している奏者がときどきいますが、そのような人は論外です。

注:NHK/BS:サイトウキネンフェスティバルの10年、2013年3月放送

 
アップルのビジョンは「顧客の暮らしを豊かにする」(注)ことであるいいます。つまり、コンピューターなどの物をつくって売ることではなく、あたらしいライフスタイルを創出することをもとめています。

ここでは、コンピューターなどは道具にすぎません。コンピューターの開発ではなくて、それらをつかってどのような暮らしを実現するのかが課題になるのです。そのためには「複雑なものをシンプルにする」姿勢が重要です。

注:
カーマイン・ガロ著(井口耕二訳)『アップル 驚異のエクスペリエンス 顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則』、日経BP社、2013.1.28 発行
カーマイン・ガロ著(井口耕二訳)『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション 人生・仕事・世界を変える7つの法則』、日経BP社、2011.7.4 発行

▼ 関連記事
ビジョンをえがき、全体をデザインし、自分らしいライフスタイルを生みだす - 映画『スティーブ・ジョブズ』-

 

『仕事を10倍速くきちんとこなす技術』(注)には、仕事をすすめるための基本的技術「確速仕事法」あるいは「確速達成法」についてくわしく解説されています。

仕事の基本は情報処理をおこなうことであり、この情報処理とは、入力→処理→出力というプロセスからなっています。

この情報処理の体系の中に、速読法、整理法、記憶法、速書法、健康法の各技術を位置づけて実践していくのがよいです。入力系では速読法、出力系では速書法をつかい、これらの間に位置する処理系では、整理法・記憶法が役立ちます。各技術をバランスよくもちいて、自分の内面、心をととのえるとともに体もととのえられます。なお、ここでいう整理法とは内面(心)をととのえることであり、机の上の紙の書類を整理することをさしているわけではありません。

こうして情報処理の効率をあげ、心身を引きしめ、しまりをよくしていきたいものです。

注:栗田昌裕著『仕事を10倍速くきちんとこなす技術』PHP研究所、2009年
仕事を10倍速くきちんとこなす技術

朝日新聞デジタルで次の記事をよみました。
「ソニーのハワード・ストリンガー取締役会議長(71)が6月で退任する意向を固めた。ソニー初の外国人トップとして2005年に就任したが、主力のテレビ事業の赤字を止められず、昨年4月に社長を退いていた。今後はソニーのすべての役職から身を引く」(注1)。

大規模なリストラや工場の統廃合をすすめましたが、ソニーのテレビ事業は8年連続の赤字がつづき、12年3月期の純損益は、4566億円の赤字で過去最高だったといいます。

クレイトン=クリステンセン教授は自著『イノベーションのジレンマ』(注2)の中で、優良企業がなぜ失敗するのかについて詳細に論じています。それは、
「そのような企業を業界リーダーに押し上げた経営慣行そのものが、破壊的技術の開発を困難にし、最終的に市場を奪われる原因となるからだ」
といいます。既存の優良企業は、既存の顧客の需要にいつまでもこたえようようとし、既存の製品の性能を高める開発、つまり「持続的技術開発」をおこなってしまいます。その結果、あたらしい市場を切りひらくあたらしい技術開発つまり「破壊的技術開発」ができなくなってしまいます。ここに、「持続的技術開発」と「破壊的技術開発」のジレンマを見ることができます。

ソニーが、トリニトロンやCDやDVDの延長線上でブルーレイなどの開発に熱中していたときに、アップルは、iTunes に代表されるディスクレスのあたらしい技術開発をすすめていました。ブルーレイの開発は「持続的技術開発」であり、iTunesは「破壊的技術開発」であったのです。

以前、「さよなら、僕らのソニー」という記事を朝日新聞でよんだことがあります。本業のエレクトロニクスからはずれた、ソニー銀行やソニー損保といった大きな広告を見ていれば、かつての“ソニーファン”は誰でもそのような気持ちになります。たとえば、ニコン銀行やキャノン損保がもし出てきたとしたら、ニコンやキャノンのファンはがっかりしてはなれていくでしょう。

しかしながら、氷屋さんがもしここにいたとして、その氷屋さんが、こらからは冷蔵庫の時代に変わるとわかったとしても、「破壊的技術」である冷蔵庫の開発・販売はできなかったかもしれません。日本のかつての優良企業がイノベーションのジレンマにおちいったことは歴史の必然とみることもできるのです。もやはあきらめるしかないのでしょうか。

もしそうならば、ふるい企業ではなく、これからのあたらしい時代をになう若い人たちによるあらたな技術開発に大きな期待がかかってきます。


注1:朝日新聞デジタル 2013年3月9日12時1分配信
注2:クレイトン・クリステンセン著『イノベーションのジレンマ 増補改訂版』、翔泳社、2011年7月3日発行(2012−09−14版)
kindle版:イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard business school press)
単行本:イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

▼ 関連記事
ビジョンをえがき、全体をデザインし、自分らしいライフスタイルを生みだす - 映画『スティーブ・ジョブズ』-


2012年12月26日、SF人形劇「サンダーバード」シリーズの生みの親、ジェリー=アンダーソン氏が死去しました(注)。英国人、83歳でした。操り人形で、近未来の国際救助隊の活動を表現する独自の手法を確立し、世界的な人気を博しました。

近年のSFは、コンピューター・グラフィックスなどをつかってリアルなハイビジョンで詳細を表現するのが普通ですが、「サンダーバード」はそれとはまったくことなる独特の手法で、操り人形をつかっています。操り人形が視聴者にすぐにわかってしまうところがかえっておもしろく親しみを感じます。

ここには、技巧をのりこえた人間劇あるいは人間性がみごとに表現されており、世界のために懸命にはたらくチームの心がつたわってきます。いちばん大切な事はリアルさをあらわすことではなく、視聴者に心をつたえることです。

「サンダーバード」は近年も人気をあつめているそうでう。毎日jpには、我が子のように人形をだくアンダーソンさんのほほえましい写真が掲載されていました。

注:毎日jp(毎日新聞、2012.12.27)

↑このページのトップヘ