発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

フィールドワークでは、現地あるいは現場の観察が必須であり、そのためには観察力を常日頃から強化しておくことが重要です。

観察とは、言語(書籍)からではなく、視覚情報を環境から吸収することであり、イメージで外界をとらえることです。つまり、言語を通さないで風景などをダイレクトに感じとり、言語をもちいないで映像としてその場をとらえることです。

そのためには視覚をするどくするとともに、イメージ訓練をするのがよいです。たとえば旅先で風景をみたら、目をつぶってそれを思い出す(想起する)訓練をします。時間があれば、風景をみないで思い出しながらその風景をノートにスケッチしてみます。風景を見ながらスケッチする(うつしとる)のではありません。あくまでも想起するところに訓練の基本があります。どこまで正確に想起してイメージをえがけるでしょうか。

このようなイメージ訓練をしながら、風景を構成する地形や川・建物さらに人に意識をくばるようにします。

このような観察はフィールドワークの入口として機能し、観察がよくできるとその後のフィールドワークを大きく展開させることができます。そして、環境や地域をよりよく知ることにつながってきます。

情報処理や問題解決をすすめるうえでもっとも必要なことは当事者の主体性です。

私は長年、発展途上国で環境保全の仕事をしていますが、発展途上国がいわゆる援助漬けになり、発展途上国の人々が援助慣れしてしまった事例を数多くみてきました。先進国からの援助をうければうけるほど、その人は、みずから学び、成長し、発展する貴重なチャンスをうしなってしまいます。そこには主体性はありません。

このような状況から私は援助活動はせず、環境保全活動に徹するようにしています。

必要なことは、ご自身の主体性であり自立と自律です。これは日本人でもおなじです。依存心をすて主体性をもって自立・自律の道をすすんでいかなければなりません。

オルフェウス室内管弦楽団の日本公演をききました(注1)。このオーケストラの特徴は、指揮者をおかず、各メンバーが自律的に演奏して音楽をつくるところにあり、この方法は「自律分散システム」を理解するための参考になります。

指揮者がいないため、特定のリーダーがオーケストラを仕切ってしまうことはありません。各メンバーが意見をだしあい合議的に音楽をつくりあげていきます。演奏者一人一人が高い能力をもち、お互いにその主体性を信頼し尊重しあうことがこのオーケストラを成功にみちびき、世界的な演奏水準をもつ結果となっています。

これは、オーケストラの「自律分散システム」といってもよいでしょう。「自律分散システム」とは、全体を統合する中枢機能をもつ「集中管理システム」とはことなり、自律的に行動する各要素の相互作用によって全体として機能するシステムのことです。現代のインターネットはその典型的な事例です。

オルフェウス室内管弦楽団のあるメンバーは次のようにかたっています。
「他のオーケストラでは、やるべきことを常に指示され、従順な兵士であること以外に価値がないかのようにあつかわれ、物事に影響をあたえることへの無力さを感じましたが、 一方、オルフェウスは私に関与させます。私は、音楽が進んでいく方向に関与することができるのです」(注2)

制御や情報の中心が存在する「集中システム」とはことなり,「自律分散システム」は、生物からなる生物社会、あるいは細胞からなる生体のように、自律的に稼動するサブシステムの集まりが全体として機能するシステムです。サブシステムがあつまって複雑な機能が達成できます。サブシステムのあらたな追加もでき、また故障に対しても頑健であるといわれます。

これからの時代、問題解決や情報処理に取り組むうえでもこの「自律分散システム」を役立てていきたいものです。

注1:
ベートーベン作曲 序曲《コリオラン》作品62
同 交響曲 第2番ニ長調 作品36
同 ピアノ協奏曲 第5番 作品73《皇帝》
ピアノ:辻井伸行
サントリーホール、2014.02.10

注2:

世界的に有名なオーケストラがスクラムに似た手法を採用
http://www.infoq.com/jp/news/2008/07/self-organizing-orchestra-orpheu 

 
オルフェウス室内管弦楽団の最新CDです。

フィールドワークや旅行をするときに、Googleマップと Google Earth はとても役にたちます。

まず、フィールドワークや旅行にいく前に、Googleマップと Google Earth をつかって こらからいく場所のパノラマ的なイメージをえて、その場の全体を心の中にすっぽりいれてしまいます。これは、部分をつみあげて全体をつかもうとするのとはまったくちがい、全体を一気に見てしまう行為です。

そのうえで現地にいき、こんどは地上からそれぞれの場所の細部を詳細にみます。

そして帰宅後、もう一度 Googleマップと Google Earth を見直せば、前回以上に全体がよく見えてきます。さらに、よい発想がうまれたり本質が見えてくるかもしれません。

このような簡単な行為をくりかえしているだけでも、心の中に地図の記憶が生じ、心のあらたな空間を確立することができます。

本書は、気鋭のシェイクスピア研究者が、シェイクスピア全作品についてあらすじと解説をまとめたものです。手っとりばやく筋をたしかめたり、登場人物や人間関係をしらべたりできるコンパクトで便利な本です。シェイクスピア入門としても有用です。

本書を一気によみおえてしまい、シェイクスピアの全体像をまずつかんでしまうのがよいでしょう。 全作品の要約が一気に読めるところにポイントがあります。

そもそも情報処理は、インプット→プロセシング→アウトプットという手順になっていて、最終場面はアウトプットです。そのアウトプットにはかならず要約という作業がはいります。情報処理の結果をすべて記述することはまったく不可能ですから、著者の主観によって重要なポイントを要約し、整理・統合してアウトプットすることになります。

本書は、このような情報の統合的アウトプットのすぐれた事例として活用することができます。


文献:河合祥一郎著『あらすじで読むシェイクスピア全作品』祥伝社、2013年


▼ 関連記事
悪魔の歌声が大きな波動になる - ヴェルディ作曲『オテロ』(METライブビューイング)-
音楽と演劇の統合 -オペラになったシェイクスピア『ファルスタッフ』-
情報は要約してアウトプットする 〜 河合祥一郎著『あらすじで読むシェイクスピア全作品』〜
シェイクスピアの四大悲劇のひとつをオペラ化した - トマ作曲『ハムレット』(METライブビューイング)-
あらすじを予習してから鑑賞する - オペラになったシェイクスピア《テンペスト》-
感情が意識をゆさぶる グノー作曲『ロメオとジュリエット』-
音楽と演技が融合して一本のストーリーになる - ヴェルディ作曲『マクベス』-
絵の前後を想像する -「見つめて、シェイクスピア!」展 -
「自分が見えていない」をキーワードにして - シェイクスピア -

自分のアウトプットを見直して、自分で自分を見る



 
著者は、100万人以上をブラインドタッチにしてきた「増田式! PCキーボードの学校」の校長先生です。学生時代に私も「増田式!」で練習して適切なブラインドタッチになれました。

情報処理の最終場面「アウトプット」では、文章化をその手段としてつかう人が圧倒的に多いとおもいます。文章化あるいは速書にはブラインドタッチは必須です。ブラインドタッチでしたら「増田式!」を絶対におすすめします。

なお、増田さんもKJ法をつかって研究開発をしておられます。

第223回 SRS特別講習会「志向法(未来志向邁進法)」に参加しました。

「志向性をもつ人には心の中にベクトル場があり、志向力があると未来を引き寄せることができます。志向法によって願望と完成力とをむすびつけ人生を全うする」ことをまなびました。

「志向力は未来を引き寄せ、未来が現在に流れこんでくる。目標をもって未来と対話する」ということが印象的でした。

「活夢法」(かつむほう)とは「夢を知り、夢を変え、夢を活かす新しい分野」です。昔から、夢を見て問題を解決したり、創作したり、アイデアを得たという人の話は少なくありません。たとえば、私のすきな映画に黒澤明監督の『夢』があり、これも黒澤監督みずからが見た夢にもとづいてつくられたそうです。本書では、自分の夢を活かす方法が解説されており、夢に関する常識を一変させてくれます。

内容は以下のとおりです。
1 夢の想起で未知なる自分を“解読”

2 他人の夢で自分の夢を点検する

3 「14の原理」で高度な夢解釈力を

4 「夢見力」を高める14の活夢法

5 夢を活かして創造的に生きる

「活夢法」の具体的な方法は、「夢のチェックリスト」をつくるところからはじめます。ここでは、夢を想起して、月日・題名・概略・評価などを記録していきます。夢の一まとまりの体験の中から、印象的な特定の場面を一つ選択して、それをいわば全体を代表させるラベルのようなものとしてあつかい、そのラベルとなるイメージ場面に4文字の漢字の題名をつけます。

夢のリストを折々にながめていると、夢の世界の大きな潮流を把握することができ、忘れていた夢を想起することもできます。想起することは心の中を整理することになます。

そして、このようなリストを蓄積して「夢ファイル」をつくり、さらに「夢ファイル」を数百例蓄積して「夢地図」をつくります。「夢地図」では、複数の夢を接続しながら、大きな夢の世界を統合的に作成し、夢空間を見通しよくながめるようにします。

このようにして、夢を注意深くチェックすれば新しい発想のヒントが得られます。たとえば、夢の中の「登場人物は自分の分身である」(分身原理)と想定して解釈すると、自分の意識の奥で何が起きているかがわかり、日常で何をすべきかの示唆も得られるようになります。

夢は潜在意識を知る窓口」であると著者は解説しています。夢は、潜在意識の世界と表面意識の世界との中継地点です。夢の中に表現された「潜在意識のメッセージ」に気づくことが重要です

日々の「夢のチェックリスト」づくりをまずは実行し、夢を活用できるようにしていきたいものです。
 

情報処理は、情報のインプット→プロセシング→アウトプットという3つの場面からなっています。本書でとりあつかっている「速書法」は、これら3場面の中のアウトプットの技法のひとつです

アウトプットには文を書く以外に、絵や図を描いたり、音や声を出したり、ジェスチャーや行動でしめしたりというように様々な方法がありますが、アウトプットの中でもっとも基本的な方法は文を書くことであり、ツイッターやブログ・フェイスブックなどが発達してきたことを見ても、書くことによってアウトプットをするケースはとても多いとおもわれます。このような状況下で、いかに速く書くかということは多くの人々にとっての関心事になってきています。

本書の内容は以下のとおりです。
第1章 第1歩は「質より量」の戦略で
第2章 身近なことを書くこと
第3章 学習で知的感動を引き起こせ!
第4章 頭を整理してスピードアップ
第5章 潜在意識で想像力を高める
第6章 8原理で文章を構築する
第7章 6段階で高速文章出力
第8章 見識力で速書法のレベルアップ
第9章 ニュースを活かして速書力強化
第10章 3原則で速書力衰退を救う
第11章 6側面で文章を点検する
第12章 文章を豊かにする想像力訓練

著者は、「2段階方式」で書くことをすすめています。ひとまず大ざっぱなアイデアにしたがって下書きをしておき、意識化(潜在意識)でそれらを熟成させます。そして、別なチャンスに編集して完成させます。最初から一気に完成させようとして意気込んで取りかかるより、2段階方式でおこなう方が全体としての作業時間は短縮でき、結果的に「速書」になります。

私の場合は、データやアイデアをまず箇条書きで書き出して、その日は寝ます。そして、次の日に一気に文章化します。寝ている間に潜在意識が情報を処理・整理してくれるのでとても効率的です。著者によれば、「潜在意識による並列的な編集」→「速書による直列的な表現」ということです。 ここでも、インプット→プロセシング→アウトプットという情報処理の3場面を意識した方がよいです。

このようにして、書くことにより様々な情報が統合され、体験がひとかたまりにまとまります。内面体験もまとまり心が整理されます。また内容を、1〜2行で表現することを「圧縮表現」とよび、「圧縮表現」をしていると「見識ファイル」が整理されます。たとえばブログの本文を書くのに対して、見出しをつけるのは「圧縮表現」です。

そもそも、書くということはメッセージをつたえることです。言葉はメッセージをつたえる手段です。文字にする以前にもっていたメッセージを言葉にのせて相手に伝達しているのです。つたえたいメッセージを短時間で明確に相手につたえることが「速書法」の目標であり、したがって速く書きだすだけではなく、適切な「圧縮表現」ができることが重要になってきます。

速書は、「通常の範囲の意識(表面意識)ではない潜在意識の活性化と運用によって扉がひらく」と著者はいいます。潜在意識の活性化は「速読法」にもつながります。「速読法」は情報処理におけるインプット、「速書法」は情報処理におけるアウトプットに相当し、「速読法」と「速書法」とをあわせて訓練することにより相乗効果が生まれるとかんがえられれます。栗田博士の「速読法」をまなんだうえで本書に再度とりくむと効果が一層あがるでしょう。
 

文献:栗田昌裕著『栗田式驚異の速書法ドリル』住宅新報社、2007.1.21発行。
栗田式驚異の速書法ドリル (能力開発シリーズ)

ヴェルディ作曲のオペラ『ファルスタッフ』(METライブビューイング)をみました。このオペラは、シェイクスピア作『ウィンザーの陽気な女房たち』(The Merry Wives of Windsor)をオペラ化したものです。

ジュゼッペ=ヴェルディは19世紀を代表するイタリアの大作曲家であり、おもにオペラを作曲しました。ヴェルディの作品はオペラ界に変革をもたらし、西洋音楽史上もっとも重要な作曲家の一人です。

一方、ウィリアム=シェイクスピアはイングランドの劇作家・詩人であり、16世紀のイギリス・ルネサンス演劇を代表する人物です。

今回の『ファルスタッフ』は音楽と演劇、劇と曲を統合してできた作品です。ここに、音楽と演劇ということなる二つの分野、ことなる情報の統合作業という仕事をみることができます。統合というやり方は、様々な素材を編集し作品化する(アウトプットする)ための本質的な作業です。情報の統合こそがアウトプットの本質です。オペラ化されたシェイクスピア作品は統合出力の典型的な事例としてとても参考になります。

なお、ヴェルディがオペラにしたシェイクスピアの作品としては『オテロ』『マクベス』もあります。


▼ 関連記事
悪魔の歌声が大きな波動になる - ヴェルディ作曲『オテロ』(METライブビューイング)-
音楽と演劇の統合 -オペラになったシェイクスピア『ファルスタッフ』-
情報は要約してアウトプットする 〜 河合祥一郎著『あらすじで読むシェイクスピア全作品』〜
シェイクスピアの四大悲劇のひとつをオペラ化した - トマ作曲『ハムレット』(METライブビューイング)-
あらすじを予習してから鑑賞する - オペラになったシェイクスピア《テンペスト》-
感情が意識をゆさぶる グノー作曲『ロメオとジュリエット』-
音楽と演技が融合して一本のストーリーになる - ヴェルディ作曲『マクベス』-
絵の前後を想像する -「見つめて、シェイクスピア!」展 -
「自分が見えていない」をキーワードにして - シェイクスピア -

自分のアウトプットを見直して、自分で自分を見る

 
Sponsored Link
〈おすすめヘッドホン〉

【国内正規品】ゼンハイザー
オープン型ヘッドホン HD598


前著『日本語の作文技術』(朝日文庫)の続編として出版された本です。前著を読んだ人が作文技術の復習をしたり、応用や実践・実戦をするための参考になります。

「わかりやすい」ための作文技術の初歩的かつ中心的部分は「語順」と「句読点」にあり、これらの中でもさらに核心となるのは「読点」です。

■ 日本語の語順の基本原則は以下の通りです。
1. 述部(動詞・形容詞・形容動詞)が最後にきます。
2. 形容する詞句が先にきます。
3. 長い修飾語ほど先に
4. 句を先に

■ テンの二大原則は以下の通りです。
1. 長い修飾語の原則:長い修飾語が二つ以上あるときその境界にテンをうちます。
2. 逆順の原則:語順が逆になったときにテンをうちます。

■ 思想のテン:思想の最小単位をしめすときにテンをうちます。

これらがつかいこなせるようになるだけで、ともかく一定レベル以上の文章になります。

応用編として参考になるのが事実の記述の仕方です。たとえば「ABCDEの五つの事実があったとすると、一番おもしろい事実(たとえばD)をくわしく具体的に書きます。のこったABCEの四つについては、Dを補強する形でつかいます」。全体で100の説明をするとしたら、その内容の80は一つのことだけを書き、のこりの20で四つのものを軽く書きます。

また書き出しの工夫として、「読者をひきつけるためには途中の説明はしないで、興味のある部分をいきなり書く、すぐに現場に入る」のがよいと述べています。

本多勝一さんの作文技術には、わかりやすい日本語を書くための正しい原則が単純明快にしめされているので、ほかの著者の関連著書よりも、まず第一に、この作文技術あるいは原則を徹底的に勉強し訓練するのがよいでしょう。


▼ 文献
本多勝一著『実戦・日本語の作文技術』朝日新聞社、1994年
実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫)


▼ 関連記事
わかりやすい日本語を書く - 本多勝一著『日本語の作文技術』-
わかりやすい日本語を書くために 〜 本多勝一著『日本語の作文技術』〜

本多勝一著『日本語の作文技術』をつかいこなす - まとめ -


本ブログの課題のひとつである情報処理は「インプット→プロセシング→アウトプット」という3つの場面からなりたっています。そのなかのインプットとは、様々な情報を自分の心のなかに取り入れることです。

そのインプットの仕方には、簡単な方法からむずかしい方法まで3つのレベルがあります。

初級レベルのインプットは読書です。すでに体系化されている情報を自分の心にインプットします。そのために速読法を訓練するのもよいです。

中級レベルとしては、インターネット・新聞・雑誌・テレビなどから二次的断片情報を自分の課題にそって収集し読みこみますます。 断片情報があつまっただけではよくわからないので、 断片を編集したり統合したり体系化したりする作業が必要になってきます。ややむずかしいです。

上級レベルとしては、フィールドワークや実験をおこない一次情報を収集し読みこみます。フィールドワークは現地調査とよばれることもあります。みずから主体的に行動をおこさななければなりません。それぞれの専門分野ごとにやり方があり上級者向けです。専門学校や大学で専門的な訓練をうける必要がある場合が多いです。

インプットの訓練としは、まずは、読書あるいは速読からはじめるのがよいでしょう。

読む側にとってわかりやすい文章を書くための本です。これは作文の「技術」である以上、訓練をすれば誰でもできるようになるというものです。約30年間にわたってわたしはつかっています。

以下に、日本語の作文技術の原則をレベル別に整理しました。

■ 日本語の作文技術の基本原則(初級レベル)は以下の通りです。
1. 修飾する言葉される言葉はなれすぎない
2. 句を先に詞をあとに
3. 長い修飾語は前に、短いほど後に
4. 大状況・重要な言葉ほど前に
5. 親和度(なじみ)の強弱による配置転換
6. テン
 6-1. 長い修飾語:長い修飾語が2つ以上あるとき、その境界にうつ。
 6-2. 逆順:ある語を強調するため、修飾語の語順が原則の逆順になる場合にうつ。


■ 表記法の原則(中級レベル)は以下の通りです。
1. ナカテン:並列や同格の語のあいだにつかう。
2. 二重ハイフン:力夕カナの固有名詞などを列挙するときにつかう。
3. 力ギカッコ
 3-1. 引用は、あくまで原文や発言のままカギカッコの中にしめす。
 3-2. 自分達ではつかわないが相手側がつかう言葉をそのままつかう場合にはカギ力ッコに入れる。
4. ヒゲカッコ:「本当はそうではない」ときとか、「いわゆる」つきのときにつかう。
5. テン
 5-1. 状況により、筆者の考えをテンにたくす場合として、思想の最小単位をしめす自由なテンをうつ。
 5-2. 構文上高次元のテン(文のテン)を生かすためには低次元のテン(句のテン)はのぞく。
6. マル:思想の最小単位を組みあわせた最初の「思想のまとまり」をしめす。文が終わったら必ずマルをつける。
7. 段落:かなりまとまった思想表現の単位であり、足でいえば、各部分の境の関節が改行である。
8. :人体にたとえれば、足・腹・頭といった大きな部分であり、人体という全思想を形成するための大きな構想である。
9. 送りがな:語尾変化可能な部分以下をすべて送りがなにする。
10. 外国語のカナ表記
 10-1. 実際にそのカナを発音してみて、どれが言語により近いかをかんがえる。
 10-2. 日本人にとって発音しやすい(視覚的にもわかりやすい)方をとる。
11. 文をわかりやすくする工夫:カナばかり続いて読みにくいところができてしまったら、まず漢字、次いで傍点や力夕カナを考え、それでもダメ な場合には分かち書きをする。

さらに上級レベルとしては無神経でない文章、リズムと文体、取材法などがありますが、これらは本書をご覧ください。

初級レベルをまずは実践し、わかりやすい日本語そして達意の文書が書けるように訓練をつんでいきたいものです。なお初級・中級・上級のレベル分けはわたしがしたものです。


▼ 文献
本多勝一著『日本語の作文技術』(朝日文庫)、朝日新聞出版、1982年
日本語の作文技術 (朝日文庫)


▼ 関連記事
わかりやすい日本語を書く - 本多勝一著『日本語の作文技術』-
読点を完璧につかいこなす - 前著の応用・実戦編 - 〜『実戦・日本語の作文技術』〜

本多勝一著『日本語の作文技術』をつかいこなす - まとめ -


年表スタイルで自分史を書くための本です。

左ページには、世界情勢・社会的な事件・自然災害・流行などが記載されていて、右ページに自分史を記入する形式になっています。この形式により、時代の大きな潮流のなかに自分の体験を位置づけることができます。

左ページをみながら、連想ゲームのように記憶をひきだしたり、過去の体験をおもいだします。エピソードも書いておくとよいです。実務的にはワープロをつかって、本書を参考にしながら、思いだすたびに書きだし、書きたしながら自分史をつくっていくとよいでしょう。

これは、自分の記憶の倉庫から記憶を一旦とりだし、記憶の倉庫にまたいれなおす、記憶の倉庫にファイルしなおす作業であり、記憶法の訓練でもあります。過去の体験を想起することにより記憶をとらえなおすことができ、よくできた記憶のファイルができあがります。すると、自分自身を見直したり再発見したりすることができ、過去の「意味」を改善することができます。

こうして、この形式の作業を継続すれば、自分自身の心を整備し、心のバランスと調和をもとめることになり、記憶法の訓練が能力開発の訓練に発展していきます。

文献:藤田敬治著『脳を活性化する自分史年表』出窓社、2011年
脳を活性化する 自分史年表 愛蔵版DX

↑このページのトップヘ