発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます。

「マンダラと生きる」(NHK・Eテレ「こころの時代」)

マンダラの入門講座です。胎蔵マンダラと金剛界マンダラがペアになっています。わたしたちの社会とひとりひとりの人生にマンダラをいかしていくことができます。
本文をよむ >

琉球・沖縄の歴史と文化をみなおす - 展覧会「琉球 美の宝庫」(サントリー美術館)-

IMG_6040_41_edited-1
琉球 美の宝庫」(会場入口)
(平行法で立体視ができます)
琉球王国の至宝を展示しています。「国宝 琉球国王尚家関係資料」は必見です。琉球・沖縄の歴史と文化をみなおすことができます。
本文をよむ >

睡眠をとりもどす -「乱される現代人の睡眠」(ナショナルジオグラフィック 2018.8号)-

生命科学の立場から睡眠について解説しています。睡眠は、心身の健康を維持するだけでなく、情報処理をすすめます。睡眠障害は、さまざまな疾患をもたらします。
本文をよむ >

大量絶滅をくいとめられないか

地球史上第6回目の生物大量絶滅がすすんでいます。生態系が崩壊します。今回は、ヒトという特定の種による人工的な絶滅です。
本文をよむ >

人類と環境の危機 -『人類危機』(別冊日経サイエンス)-

人類と環境の危機について警告しています。人類と環境は一体になってひとつのシステムをつくっており、環境から独立して人類は生きていくことはできません。今ならまだ間に合うかもしれません。
本文をよむ >

音をきいてイメージする - 企画展「音のアーキテクチャ展」(21_21 DESIGN SIGHT)-

IMG_5984
「音楽建築空間」が構築されています。音楽をきいてイメージします。音を、イメージに変換すると情報処理がすすみます。
本文をよむ >

情報処理能力をたかめるために -『脳が生み出すイリュージョン』(別冊日経サイエンス)-

多数のイルージョンを解説とともに紹介しています。人間の情報処理のしくみがわかります。情報処理能力をたかめるために役立ててください。
本文をよむ >

「重ねるハザードマップ」を利用して土砂災害にそなえる

「重ねるハザードマップ」を国土交通省が公開しています。土石流や斜面崩壊・洪水などの警戒区域をみることができます。迅速な避難につなげてください。
本文をよむ >

昆虫も情報処理をしている - 特別展「昆虫」第4展示室(国立科学博物館)-

DSCF8615ba_edited-1
ミンミンゼミの巨大模型
(交差法で立体視ができます)
昆虫の能力について展示・解説しています。昆虫も、「インプット→プロセシング→アウトプット」をしています。「昆虫-環境」システムをとらえるようにします。
本文をよむ >

仮説を検証する - 海底掘削船「ちきゅう」(Newton 2018.9号)-

掘削船「ちきゅう」が紀伊半島沖で海底掘削を計画しています。プレート境界に関する仮説を検証します。「仮説→検証」という方法はあらゆる課題に応用できます。
本文をよむ >

健康と老化の尺度 -「心の時計、体の時計」(Newton 2018.9号)-

「心の時計」と「体の時計」について生物学・医学的に検討しています。これらは、健康と老化の尺度としてつかえます。みだれていたらただちに修正します。
本文をよむ >

棲み分けて共存する - 特別展「昆虫」第3展示室(国立科学博物館)-

DSCF8616ba_edited-1
オオムラサキの巨大模型
(交差法で立体視ができます)
昆虫の生態を展示・解説しています。昆虫の多様性は環境の多様性を反映しています。昆虫は、棲み分けて共存しています。
本文をよむ >

3D空間認知訓練 -「建築の日本展」(森美術館)-

IMG_5933_4_b_edited-1
《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》
(平行法で立体視ができます)
日本の建築の歴史を、多数の模型や資料をとおして概観します。3D空間認知訓練ができます。空間に心をくばるようにします。
本文をよむ >

適度な辛味をとる -「辛味」(Newton 2018.9号)-

味覚と辛味はそれぞれ独立した感覚です。辛味受容体は舌だけでなく胃や腸の神経にもあります。適度な辛味を心がけるのがよいです。
本文をよむ >

「会話する AI」(Newton 2018.9号)

「会話する AI」の開発がすすんでいます。「女子高生らしい会話」を学習した AI をつかえば「女子高生」と会話ができます。危険な時代にはいってきました。
本文をよむ >

「イーロン・マスクの火星移住計画」(Newton 2018.9号)

火星移住計画がすすんでいます。2020 年代には人間は火星に到達します。新天地を火星にもとめている人々がいます。
本文をよむ >

昆虫の多様性 - 特別展「昆虫」第2展示室(国立科学博物館)-

DSCF8613ba_edited-2
クワガタムシの巨大模型
(交差法で立体視ができます)
昆虫は、おどろくほど変化にとんだ姿形や色彩をもっています。昆虫のグループ(目(もく))を参照し、それぞれの場所(環境)ごとに昆虫相を見ていきます。生物多様性の認識がふかまります。
本文をよむ >

昆虫の進化 - 特別展「昆虫」第1展示室(国立科学博物館)-

DSCF8593ba_edited-1
カの巨大模型
(交差法で立体視ができます)
昆虫の進化について展示・解説しています。昆虫の起源は  4 億 8000 万年前とされます。昆虫は、あらゆる環境にたくみに適応しながら進化してきました。
本文をよむ >

多様で神秘的な世界 - 特別展「昆虫」の概観(国立科学博物館)-

DSCF8614bA_edited-1
巨大なハチと対面
(交差法で立体視ができます)
昆虫の多様な世界を紹介しています。昆虫の環境への適応能力はすごいです。昆虫学が、昆虫の生態や進化についてあきらかにしつつあります。
本文をよむ >

居住地の地形と地質を確認しておく - 土砂災害対策 -

現場写真と Google Earth をつかって土砂災害について検証しました。天気予報をみるだけでなく、居住地の地形と地質をあらかじめ確認しておきます。大雨警報が発令されたら安全な場所に避難します。
本文をよむ >
Sponsored Link
Sponsored Link
ブログ内 記事検索
アーカイブ
Sponsored Links