発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます。

期日に間にあわせる - “先延ばし達人”の頭の中(スーパープレゼンテーション)-

期日に間にあわせようとすると情報処理がいちじるしくすすみます。アウトプットをする、問題を解決するためには期日が先に決まっていなければなりません。
続きを読む

読み→計算→書き - 国立科学博物館・地球館2階「江戸時代の科学技術」(1)-

IMG_0948_7
関流算術免許皆伝書(上)と関孝和の著作『発微算法』(下)
(交差法で立体視ができます)
「読み、書き、そろばん」は、情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)の訓練になっていました。
続きを読む

目と手を訓練する - 国立科学博物館・地球館3階「大地を駆ける生命」 -

IMG_1030_1
国立科学博物館・地球館3階の展示「大地を駆ける生命」
(平行法で立体視ができます) 
動物を順番にみていくと、霊長類には、立体視ができることと、手が発達しているという特徴があることがわかります。
続きを読む

ガイドブックをみてからいく - 国立民族学博物館のあたらしい展示案内 -

大きな博物館にいく場合は、ガイドブックを事前に見てからいくとよいです。
続きを読む

並列処理を実践する

直列方式では処理がむずかしかったことが、並列方式にかえたら簡単にできたということはよくあります。プロセシングの本質は並列にあります。
続きを読む

現地の多様な情報を統合してアウトプットする - 平山郁夫シルクロードコレクション展 -

現地調査で多様な情報を収集し、それらを統合してアウトプットします。
続きを読む

里山と照葉樹林 - 日本の原風景 -

里山と照葉樹林に注目すると、日本の原風景や自然環境に関する理解がすすみます。
続きを読む

仮説をたてて実験する -「3万年前の航海 徹底再現」プロジェクト -

事実をふまえて仮説をたて、実験をして検証します。
続きを読む

Google マップをつかってゾーンを一望する - ズーラシア「亜寒帯の森」(4)-

DSCF6224ba
アカツクシガモ(交差法で立体視ができます)
Google マップ をつかってあるいたところを一望すれば記憶が高次元化し、情報の活用が容易になります。
続きを読む

視覚空間に情報を書きこんでいく - ズーラシア「亜寒帯の森」(3)-

ベニジュケイ(交差法で立体視ができます)
園内マップをみながら順路をあるいて、その視覚空間をイメージできるようにし、そのなかに動物と環境に関する情報を記銘していきます。
続きを読む

野生動物との共存をめざす - ズーラシア「日本の里山」(2)-

DSCF6813ab
ニホンザル(平行法で立体視ができます)
里山のもつ緩衝機能をみなおし、人間と野生動物がすみわけて共存する方法があります。
続きを読む

日本の原風景 - ズーラシア「日本の里山」(1)-

DSCF6885ab
マナヅル(平行法で立体視ができます)

里山にやってくる動物たちを知ることによって里山に関する理解がふかまります。
続きを読む

周辺視野で環境をみる - ズーラシア「中央アジアの高地」-

DSCF6377ba
チベットモンキー(交差法で立体視ができます)
中心視野で動物を見たら、同時に、周辺視野でその環境を見るようにします。周辺視野で見ることは環境をとらえるための技術として有用です。
続きを読む

スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』(シネマ歌舞伎)

ヤマトタケルは旅立ちます。あたらしい国づくりのために。
続きを読む

情報の場を改善する

「情報処理」系と「主体-環境」系はおなじものであり、まとめて両者は「情報の場」ということができます。身体の健康増進をすすめるとともに環境の改善が必要です。
続きを読む

人間-住まい-自然環境のシステム -『世界の住まい大図鑑』-

住まい(家屋)は、自然環境と人間のあいだにあって「緩衝装置」としての役割をはたし、またその地域の文化の基盤として機能しています。
続きを読む

生物多様性の宝庫をまもる - ズーラシア「アマゾンの密林」-

DSCF6616ba
ハイイロ ウーリーモンキー(交差法で立体視ができます)
アマゾン熱帯雨林は生物多様性の宝庫です。アマゾンの保全は地球的課題になっています。
続きを読む

動物の生息環境をしる - ズーラシア「亜寒帯の森」(2) -

DSCF6240ba
 ユーラシアカワウソ(交差法で立体視ができます)
それぞれの動物をみるだけでなく、その生息環境をしることが大事です。
続きを読む

菊のうつくしさ、花壇のうつくしさ - 新宿御苑(13)「菊花壇」展 -

IMG_0164_5
大菊(平行法で立体視ができます)
菊のうつくしさと、花壇のうつくしさが相乗効果をうみだしています。個即全、全即個の場があります。
続きを読む

キメラをつくってもよいのか? -「"本物の臓器" はつくれるか?」(Newton 2017.12号)-

iPS 細胞をつかった再生医療によりキメラ動物をつくれるようになりました。キメラをつくってもよのか? 一般の人々も関心をもって議論に参加しなければなりません。
続きを読む
Sponsored Links
Sponsored Links
アーカイブ
ブログ内 記事検索
Sponsored Links