発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます。

〈民族-文化-自然環境〉システム - ズーラシア「アフリカのサバンナ」(まとめ)-

「アフリカのサバンナ」ゾーンでみられる、自然環境と動物たち、ダトーガ族のくらしから、〈民族-文化-自然環境〉システムが想像できます。
続きを読む

〈人間-住居-自然環境〉システム - ズーラシア「アフリカのサバンナ」(5)ダトーガ族の住居 - 

DSCF5331ba
ダトーガ族の住居を再現
(交差法で立体視ができます) 
住居は、自然環境と人間のあいだに位置して緩衝装置としての役割をはたします。その地域の自然環境に応じて独特な住居がつくられます。
続きを読む

半自然のモデル - ズーラシア「アフリカのサバンナ」(4)ピグミーゴート -

DSCF5342ba
ピグミーゴート
(交差法で立体視ができます) 
ピグミーゴートは家畜であり、半自然のモデルです。
続きを読む

アウトプットしてメッセージをつたえる -「進化する人工知能 ついに芸術まで!?」(NHK クローズアップ現代+)-

情報処理をおこなうときには、メッセージを作品にしてアウトプットするようにします。メッセージをうけとる側は、そのメッセージを理解するようにします。
続きを読む

環境のひろがりを想像する - ズーラシア「アフリカのサバンナ」(3)アフリカンバード -

DSCF5370ba
ミナミジサイチョウ
(交差法で立体視ができます)
「アフリカのサバンナ」ゾーンでは、サバンナの周辺の動物たちもみることができます。環境の大きなひろがりが想像できます。
続きを読む

海水面上昇にそなえる -「崩壊する氷の大陸」(ナショナルジオグラフィック 2017.7号)-

南極大陸の氷河が急速にとけています。ちかい将来に海水面が上昇し、世界各地の沿岸部が水没します。今からそなえなければなりません。
続きを読む

中国の環境汚染に対応する -「傷だらけの黄河」(ナショナルジオグラフィック 2017.7号)-

中国の環境汚染が深刻です。大気汚染に対しては PM2.5 対応マスクが必要です。
続きを読む

生命のシステムを知る - ズーラシア「アフリカのサバンナ」(2)-

DSCF5308ba
ミーアキャット(Meerkat / Suricata suricatta
(食肉目マングース科)
(交差法で立体視ができます) 
生命の基本システムは〈身体-環境〉系であり、その機能は〈インプット→プロセシング→アウトプット〉です。
続きを読む

視野を拡大する - ズーラシア「アフリカのサバンナ」(1)-

DSCF5346ba
キリンと「アフリカのサバンナ」
(交差法で立体視ができます)
「アフリカのサバンナ」ゾーンは視野拡大訓練をするには最適なところです。周辺視野をつかって風景もしっかり見るようにします。
続きを読む

技術か実践か思想か

技術も実践も思想も重要です。
続きを読む

大観・分析・総合の三段階で認識をふかめる

大観・分析・総合の三段階の方法をつかうと認識がふかまり、情報処理能力がたかまります。
続きを読む

動物とその環境を同時にみる - ズーラシア「アジアの熱帯林」(1)-

DSCF5625ab
インドゾウ
(平行法で立体視ができます)
中心視野で動物を見て、同時に、周辺視野でその周囲(環境)を見るようにします。
続きを読む

自然の階層構造をイメージする - アンチンボルド展(国立西洋美術館)-

DSCF5919ab
写真1 アンチンボルド展(国立西洋美術館)
(平行法で立体視ができます)
自然の要素、擬人化、生命の全体的ないとなみといった階層構造をみることができます。
続きを読む

旅行にでかけて感受性をとりもどす

一度もまだ行ったことがないところを旅行して感受性(インプット能力)をとりもどすようにします。
続きを読む

場面転換をして、受動と能動の両方を実践する

170712 受動と能動
図1 受動と能動
情報処理をすすめるためには、インプットとアウトプット、受動と能動の両方が必要です。
続きを読む

アウトプットをして情報の流れをつくる

アウトプットをして情報の流れをつくれば情報処理はおのずとすすみます。
続きを読む

文章の階層構造をつくる - 日本語の作文技術 -

文書を、階層構造をもったシステムとしてとらえるようにします。適切な段落をつくることは階層構造を構築するために重要です。
続きを読む

類比法をつかって段落をつくる - 日本語の作文技術 -

文章を書いたら全体を読みなおして、類比法をつかって単文のいれかえをおこない、段落を完成させます。
続きを読む

作文では、まずは量をもとめ、そして質をたかめる

作文とは、内面から情報をアウトプットすることです。まずは量をもとめ、そして質をたかめていくようにします。
続きを読む

日本語で書かれた文章を修正する(修正例3) - 本多勝一著『日本語の作文技術』-

日本語を書きだしたら(アウトプットしたら)、「日本語の作文技術」(作文の原則)にしたがって文章を点検・修正するとよいです。
続きを読む
Sponsored Links
Sponsored Links
アーカイブ
ブログ内 記事検索
Sponsored Links