発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます。

ヨーロッパ文明の呪縛から解放される - 橋爪大三郎『世界は四大文明でできている』(2)-

ヨーロッパ・キリスト教文明は4大文明の一つでしかありません。ヨーロッパ・キリスト教文明もいきづまってきています。ヨーロッパ文明の呪縛から解放されるときがわたしたち日本人にやってきました。
続きを読む

高次元の見かた - 橋爪大三郎『世界は四大文明でできている』(1)-

ヨーロッパ・キリスト教文明、イスラム文明、ヒンドゥー文明、中国・儒教文明が世界の4大文明です。人間の世界を階層構造でとらえ、高次元の見かたをすると文明がみえてきます。世界の大局が4大文明で理解できます。
続きを読む

もう一方の進化 -「鳥の知能」(ナショナルジオグラフィック 2018.2号)-

鳥類は、わたしたちがおもっている以上にかしい動物でした。鳥類は、わたしたち霊長類とはちがう、もう一方の進化の道筋をたどっています。
続きを読む

生物共生の身近な例 - 企画展「地衣類」(国立科学博物館)-

IMG_2256_7
街なかの地衣類(平行法で立体視ができます)
誰もが見ているけれど知らない生物が地衣類です。生物共生の身近な例として重要です。
続きを読む

食品の安全管理が必要だ -「中国の胃袋を満たす」(ナショナルジオグラフィック 2018.2号)-

中国の農業の「工業化」がすすんでいます。健康被害と環境破壊がすすまない仕組みづくりが必要です。日本の経験がいかせるはずです。
続きを読む

重層文化を発展させる -「仏教音楽のルーツ -ゾロアスター教-」(古代オリエント博物館)-

仏教音楽のルーツは、ゾロアスター教を信仰していたソグド人の文化にあります。日本人は外来文化をうけいれ、重層文化を発達させるのが得意です。
続きを読む

北極圏の生態系をまもる -「最後の氷」(ナショナルジオグラフィック 2018.2号)-

北極圏の海氷が減少しており、その生態系が壊滅しようとしています。いま手をうてば間にあうかもしれません。
続きを読む

どのような人たちに共感してきたか? - 善と悪の科学(ナショナルジオグラフィック 2018.2号)-

善と悪の背景には、人間の基本的な能力である共感があります。共感が集団をつくりだします。善人をそだてる教育やトレーニングが必要です。
続きを読む

日本語や英語を「出力」する - macOS & Karabiner -

キーボードをうって日本語や英語を書くことは、人間主体の情報処理における「出力」(アウトプット)です。出力しやすいようにキーを再設定するとよいです。
続きを読む

〈人間-環境〉システム - 河川の跡地で栄えたインダス文明 -

人間の努力とすぐれた環境、両方が同等に必要です。
続きを読む

量子論の独特な解釈 -「“半死半生”のネコは実在するか?」(Newton 2018.3号)-

量子論には、常識ではかんがえられない独特な解釈があります。
続きを読む

石牟礼道子『苦海浄土 わが水俣病』

言葉のむこうにいる人々のメッセージをうけとるようにします。
続きを読む

ビッグビジネスの実像をしる -『なぜ、世界から戦争がなくならないのか?』-

なぜ、世界から戦争がなくならないのか? それは、戦争がビッグビジネスだからです。
続きを読む

あなたは食べる? -「ゲノム編集食品が食卓に上る日」(Newton 2018.3号)-

ねらいどおりに農作物や家畜の遺伝子を書きかえるゲノム編集技術の研究開発がすすんでいます。ゲノム編集食品をあなたは食べますか?
続きを読む

兆候を感じる - 新宿御苑(16)-

IMG_2864_3
カンザクラ(交差法で立体視ができます)
カンザクラとウメのつぼみがふくらんできました。春の気配がします。兆候をとらえることは大事なことです。
続きを読む

わかりやすい日本語を書く(練習4の修正例) - 日本語の作文技術 -

アウトプットは、インプットとプロセシングを点検・確認するための絶好のチャンスです。
続きを読む

インプットとプロセシング - 自然教育園(29)-

IMG_0480_79
自然教育園内の水生植物園(中央の木はハンノキ)
(交差法で立体視ができます)
写真を普通に見るのはインプット、立体視するのはプロセシングです。インプットとプロセシングがおこっていることを自覚することがまずは大事です。
続きを読む

環太平洋文明と地理学をみなおす - 安田喜憲『森の日本文明史』-

西進文明はいきづまっています。東進文明あるいは環太平洋文明に活路があります。地理学などにみられる、フィールドサイエンスの方法が役立ちます。
続きを読む

花粉症対策 -「アレルギーの正体」(Newton 2018.3号)-

花粉症の人がふえています。花粉症のメカニズムを知って対策をたてるようにします。
続きを読む

わかりやすい日本語を書く(練習4の修正例) - 日本語の作文技術 -

日本語の作文技術の初歩は4〜5日練習すれば誰でも習得できます。
続きを読む
Sponsored Links
Sponsored Links
アーカイブ
ブログ内 記事検索
Sponsored Links