発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます。

自然環境の変動 -「地磁気逆転」(Newton 2018.7号)-

目にはみえない現象についても知っておくと自然環境の理解がふかまります。
本文をよむ >

伴侶動物 -「犬 - その知られざる能力」(Newton 2018.7号)-

犬は、嗅覚や聴覚が人よりもすぐれています。犬は、伴侶動物として人をたすけてきました。
本文をよむ >

睡眠と覚醒がきりかわる -「睡眠と覚醒の謎に挑む」(Newton 2018.7号)-

オレキシンは、睡眠と覚醒のきりかえをつかさどる物質です。オレキシンが分泌されていないときは睡眠状態になり、オレキシンが分泌されると覚醒状態になります。
本文をよむ >

玉藻池(旧玉川園)と植物 - 新宿御苑(21)-

DSCF8515ba
新宿御苑 玉藻池(旧玉川園)
(交差法で立体視ができます)
箱庭的な性格を日本庭園はそなえており、圧縮表現の例として参考になります。
本文をよむ >

日本庭園と植物 - 新宿御苑(20)-

DSCF8452ba
新宿御苑 日本庭園
(交差法で立体視ができます)
さまざまな植物が池のまわりに配置されています。ループをえがくようにあるいていくと庭園の構造と植物の配置がよくわかります。
本文をよむ >

イギリス風景式庭園と植物 - 新宿御苑(19)-

IMG_5270_69
新宿御苑 イギリス風景式庭園
(交差法で立体視ができます)
広大な芝生の周囲にさまざまな巨樹が空間配置されています。ひろびろとした空間のなかで植物観賞をたのしむことができます。
本文をよむ >

フランス式整形庭園と植物 - 新宿御苑(18)-

新宿御苑 フランス式整形庭園
(交差法で立体視ができます)
庭園をみながら植物観賞をたのしむことができます。それぞれの植物が庭園のなかで空間配置されています。空間のなかで要素をとらえるようにします。
本文をよむ >

情報化社会をささえる数学 -「ゼロからわかるフーリエ解析」(Newton 2018.7号)-

フーリエ解析は、今日の情報化社会をささえる数学としてなくてはなりません。情報の圧縮や処理などの仕組みを理解することが大事です。
本文をよむ >

エコー・チェンバー現象 -「自分と似た意見ばかりが聞こえる SNS の世界」(Newton 2018.7号)-

SNS には落とし穴があります。自分にとって都合のよい情報ばかりにひたっていると判断をあやまります。「ノイズ」も大切にした方がよいです。
本文をよむ >

ペッドでいやされる -「ユニークな犬の仲間たち」(Newton 2018.7号)-

人間は、狼から犬をつくりだしました。犬は、現代ではペットです。文明人をいやします。
本文をよむ >

大観してから分析する - 講演会「白保竿根田原洞穴遺跡の発掘」(国立科学博物館)-

発掘・調査、顔の復元、DNA 分析などによって、旧石器時代に南方の人々が琉球列島にやってきたことがあきらかになりました。大観してから分析するという方法が重要です。
本文をよむ >

意識のなかに宇宙がある? - 宇宙のすべてを支配する数式(Newton 2018.7号)-

「宇宙のすべてを支配する数式」は「重力」と「素粒子」についての数式です。数学の体系のなかに物理学の体系は包含されます。
本文をよむ >

立体視をして目をよくする - 栗田昌裕著『3D 写真で目がどんどん良くなる本』-

3D 写真を立体視していると目がよくなります。眼力がつよまります。中心視野だけでなく周辺視野もつかうようにします。
本文をよむ >

目の種類によって見える世界がことなる - ガリレオ工房編『動物の目、人間の目』-

ヒトをふくむ動物にはさまざまな目があります。目の種類によって見え方、見える世界はことなります。見える仕組みを理解することが大事です。
本文をよむ >

3D 動物園・水族館(ステレオ写真)リンク集

「3D 動物園・水族館 リンク集」です。本ブログにこれまでアップした動物のステレオ写真(3D 写真)がみられます。どうぞご利用ください。
本文をよむ >

雲を立体視する - 村井昭夫著『雲のかたち立体的観察図鑑』-

うつくしい雲、奇妙な雲、レイヤーをなす雲。立体視をすると雲のかたちと空の階層構造がわかります。
本文をよむ >

対象とともに景観もみる

近年、景観が注目されています。建物などを見たら同時に景観も見るようにします。中心視野とともに周辺視野もつかいます。
本文をよむ >

特別展「人体 - 神秘への挑戦 -」(国立科学博物館) - まとめ -

IMG_3894_3
タモリの模型(交差法で立体視ができます、注1)
環境と人体において、物質・エネルギー・情報のながれがおこっています。「インプット→プロセシング→アウトプット」といってもよいです。人体は、物質を消化し、情報を処理しています。つまりプロセシングをしています。
本文をよむ >

立体視をして仏像に向きあう - 十文字美信著『ポケットに仏像』-

立体視をして仏像に向きあえば心がしずまり、心が改善されます。
本文をよむ >

3D で宇宙をみる - 伊中明著『ハッブル宇宙望遠鏡でたどる果てしない宇宙の旅』

宇宙の立体視ができます。意識の場が拡大します。
本文をよむ >
Sponsored Link
Sponsored Link
アーカイブ
ブログ内 記事検索
Sponsored Links