発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがっています。モデル化により、世界各地の都市国家が理解できます。自然環境保全のモデルとして有効です。
本文をよむ

英語も、日本語と同様に、相手に配慮し、状況に応じた表現ができます。言葉は思いの表層構造です。言葉のちがいをこえてコミュニケーションができます。
本文をよむ

ウイルスは、他生物の細胞に侵入して増殖します。新型コロナウイルスは何らかの野生動物に由来するとかんがえられます。自然環境を開発・破壊してはなりません。すみわけが重要です。
本文をよむ

行動遺伝学者が双生児を研究しました。遺伝と環境には相互作用があります。遺伝の影響は不変ではなく、環境が、遺伝のはたらきをひきだします。
本文をよむ

人体には、インプット器官・プロセシング器官・アウトプット器官があり、これらは連動しています。人体のしくみをしり、健康法にとりくみます。心の健康のためには知的情報処理が重要です。
本文をよむ

< |3 >
本文をよむ

< |2| >
本文をよむ

DSCF0041ba
成田国際空港 
(交差法で立体視がでます)
3次元空間を旅します。対象とともに環境もとらえます。物事の背景をよみとります。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

インプットとアウトプットのアンバランスが環境問題をひきおこします。機械文明は、自然環境と人間の双方を「侵食」します。環境調和型の文明への転換が必要です。
本文をよむ

DSCF9795ab_edited-1
(平行法で立体視ができます)
東北最大級の水族館です。生物とその環境がわかります。2次元と3次元では情報量がちがいます。
本文をよむ

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
本文をよむ

定型表現は「大きな単語」です。すぐにつかえ、役立ちます。コミュニケーションがすすみます。
本文をよむ

立体視の訓練をすることにより視力が回復できます。つかれ目にも効果があります。観察力と大観力がきたえられます。
本文をよむ

視力低下の対策になります。目がいやされます。視野が拡大します。
本文をよむ

↑このページのトップヘ